本文へスキップ

まごべえのおっかんがりや【化け物退治】越後の昔話集

まごべえのおっかんがりや(越後の昔話)mukasi

まごべえのおっかんがりや【化け物退治】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
まごべえのおっかんがりや

 あったてんがの。あるどこに、まごべえとかかがあったてんがの。まごべえは、おっかんがりで、ようさる、一人で小便しにいがんねと。いつもかかからあえんでもろうと。ほうしるんだんが、かかは、
「こんげのことでどうしょうば、なんとかして直してやらんば」
と思うて、便所の入り口にヒョウタンぶらさげておいたてんがの。よさるになったれば、まごべえが
「かか、かか、小便しにあえんでくれや」
と頼んだと。かかが
「おめえ、のし、化け物なんかいないもんだすけ、ひとりでいってくるんどんし」
とようたと。まごべえが
「おら、化けもんがいるすけに、おっかねえや。あえんでくれや」
とまた頼んだと。かかは
「毎晩、毎晩、そんげのことようて、おらにあえんでもろうて、便所へ行くが、化けもんなんかいないもんだ。
ひとりでいってこいし」
とようてきかなかったと。ほうしるんだんが、まごべえは、仕方なしに、一人で行ったてんがの。便所にいったら、ぶらぶらしてさがっているヒョウタンにぶつかって、
「そら、化けもんが出た」
とようて、逃げてきたてんがの。かかが、ちょうちんつけて見て、
「ほれ見れ、これがなに化けもんだろうば。ヒョウタンだ」
とようんだんが、
「おお、そうだな。こらあ、化けもんでなんかねえ、ヒョウタンだ」
とようて、それからいっこうおっかんがらんようになったと。
 ほうしたれば、峠に一つ目の化けもんが出ると。
「まごべえにばれよう、まごべえにばれよう」
というてんがの。村のもんは、おっかんがって、日が暮れると、だれも近くを通るもんがないてがの。ほしたら、まごべえが、
「なに化けもんなんか出るんだな、化けもんなんて、ヒョウタンだ。おれが行ってみる」
そうようて、ようさる、出かけていったと。ちいと行ぐと、一つ目の化けもんが、
「ばれよ、ばれよ」
と出てきたと。まごべえは
「ほらばれれ」
とようて、背中出したれば、化けもんが、手出して、ばれたてんがの。まごべえは、重くて重くて、どうしょうもねえんだんが、やっと、家にぶってきて、
「ほら、おっれ」
とようて、下ろして、寝てしもうたてんがの。次の朝、見たれば、かめが一つあって、中に大判、小判がぎっしり入っていたてんがの。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。