本文へスキップ

ねこまた【化け物退治】越後の昔話集

ねこまた(越後の昔話)mukasi

ねこまた【化け物退治】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
ねこまた

 あったてんがの。侍(さむらい)が峠を越えて、産月(うみづき)の奥さんを実家に連れて行く途中だったと。峠の真ん中ほどで、奥さんが、みしけ(産気)がして来たと。侍が困っていたら、年寄りのばさがきて、
「下の村に取り上げばさがいるすけ、おれが奥さんをみているすけ、産婆さん頼んでこい」
とようたと。侍が下の村に産婆を頼みにいったと。ばさが
「おれが産婆だ」
とようて出て来たんだんが、侍が連れて来たと。峠の真ん中に来てみたら、奥さんがいないし、一緒に来たばさもいないし、どうしたらよいかわからんでいると。木の上でネコマタが、奥さんの頭の毛をたがいて、ぶら下げたと。ほうして
「これ欲しくないか。これ欲しくないか」
とようたと。侍はどうしることもできねんだんが、下の村にとんできて、産婆の家のショに、話したと。家のかっかが、
「おらどこのばさは、もと取り上げばさだったが、三年程前から、腰が痛いとようて、いっこう出ないで寝ていて、寝床へ運び膳(ぜん)している」
とようたと。またまたかっかが
「このごろ、なんだかおかしだと思うていたとこだ。寝ていてもまんまもいっぱい食うし、魚を焼いても、骨まできれいに食うし、そのばさが猫だかも知らん」ねこまた
とようと、侍がかっかに、
「ばさの寝床にいって、『いい医者がきた』とばさを起こしてくれ。猫だければ、窓から逃げるすけ、おれが窓の外で刀をもっている」
とようたと。ほうしてかっかがばさのどこへ行って、「ばさ、ばさいい医者が来たすけ、見てもろうねか」
とようたと。ばさは
「いいや、医者になんか見てもらんでいい」
そうようたと。かっかが
「そう言わんで見てもらわっしゃい」
と布団をまくったと。ほうしたら、猫になって寝床の窓に飛びついたと。外で待っていた侍が猫の頭を切り落としたと。寝床を見たら、隅に産まれたばっかの赤っ子があったと。周りに侍の奥さんを食うた骨だけあったと。
他にもいろいろの骨がいっぱいあったと。産婆のばさを食って三年もばさに化けて寝床に寝ていただと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。