本文へスキップ

大木と娘【樹木の化身】越後の昔話集

大木と娘(越後の昔話)mukasi

大木と娘【樹木の化身】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
大木と娘

 あったてんがの。ある村にばさと娘があったてんがの。娘は、毎日、山の向こうのある村に働きにいってくるてんがの。三年の決めで朝早く行って、一日働いて、夕飯を食ってくるがんだと。夕飯の時、一膳まんまを残して、うちのばさのどこへ、持ってきては、食わしていたてんがの。ほうして、働いているうちに、あと三月で三年が終えるようになったと。娘はまんま一膳持って、山道を降りてきたてんが。ほうしたれば、大雨が降ってきたんだんが、大きな木の下で休んでいたと。ほしたら、その木が娘にものをようたと。
「おめえは、長々ご苦労だったの。この三年間、おれはみていたが、ほんとによく働いたの。おれはあと三月もすると、殿様の言い付けできこりがきて、切られてしもう。ほうして、三月もしると、船に造られてしもう。おら、船になって海へでるとき、いっこうずらない(動かない)ことにする。ほうせば、殿様が『この船をずらしたもんには、ほうびをくれる』とようすけ、その時、おめえ、船をずらせや。舳先(へさき)に上がって『よいこらどっこい』とよえば、おれは、海ヘズウーッといくすけ、そのほうびでばさとらくらく暮らせや」
とようたと。ほうして雨も止んで家にきて、ばさにこの話したと。
 娘も三年の勤めが終わったと。その大木は三月後に切られて、三月後にりっぱな舟につくられたと。海へ出してずらそうとしるろも、いっこう舟が動かんと。殿様が「この舟ずらしたもんは、のぞみどおりのほうびをやる」
とようたと。人がいろいろしてみるうも動かんと。そこへ娘が舳先へ上がって
「よいこらどっこい」
とようたら、舟がスイーッとずったと。殿様が喜んで「のぞみのものをほうびにやる」
といわしたてんがの。娘は
「それじゃあ、ばさがらくらく食われるように、米と着物をもらいたい」
とようて、米と着物をいっぺえもろうて、安楽にくらしたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。