本文へスキップ

どっこいしょ【愚か者話】越後の昔話集

どっこいしょ(越後の昔話)mukasi

どっこいしょ【愚か者話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
どっこいしょ

 あったてんがの。山方(やまがた)の村にかっかと馬鹿なあにがあったと。あにが嫁をもらわんけりゃならんと、かっかが探してやっと里前(さとまえ)の村から嫁をもろうたと。あにが嫁のうちにイチゲンによばれて行くことになったと。嫁はあにの馬鹿が出ねよに、いろいろ聞かせると。
「あに、あに、おらうちの床柱に節穴があるすけに、『この柱はいい柱だうも、節穴があるのが悪い』といわっしゃい」
あには
「おう、わかった」
とようたと。
「あに、あに、おらうちでまんま食う時、おれが足に綱付けて置いて、おれが下で引っ張るすけ、その時、『さようでございます』とようてくらっしゃい」
とようたと。あには
「おう、おう、わかった」
とようたと。
 あにはかかのうちによばれていったと。座敷に通されて床柱を見たら、節穴があったんだんが、
「こらあ、いい柱だろも、節穴があるがんが難だのし」
とようたら、そこの家のショウがたまげて、
「こらあ、馬鹿なあにどこじゃねえ。こんげのことようがんに」
とたまげていらしたと。ほうして
「おらうちにいい馬がいるすけ、見てくれや」
とようて厩(うまや)へ連れていったと。あには馬に尻の穴を見て
「いい馬だろも、しっぺたに穴があるのが難だのし」
とようたと。家のショウは
「このあには、馬の尻ごを見てこんげのことようが、こらあ、ほんとの馬鹿らなあ」
とようたと。
 こんだまんま食うことになって、ごっつぉが並んだと。あねは、あにの足に綱付けて、この綱の端もって縁の下へ行っていたと。うちのショウが、いろいろ質問しると。あねが綱引っ張ると、あには
「さようでございます。さようでございます」
とあいさつしるんだんが、うちのショが
「こらあ、馬鹿でねえぞ」
と思うていたと。そのうちにあねがしょんべんがでたなったと。
「困ったなあ」
と思ったろも、たれこちになって、綱を放してしょんべんしていたと。その間に猫が縁の下に入ってきて、その綱にじゃれてクツンクツンと引っ張ると。あにはその度に
「さようでございます。さようでございます」
とようたんだんが、うちのショウがたまげて、
「こらあ、ほんとの馬鹿だ」
とあきれていたと。
 そこの家のショウがだんごしてくれたと。あには
「こらあ、うめいもんだ。何とようもんだ」
と聞いたと。家のショウは
「こらあ、だんごとようもんだ」
とおせてくれたと。あにはうちへの帰りに忘れんように
「だんご、だんご」
とようてきたと。途中で川をまたぐとき
「どっこいしょ」
とようたと。ほうしたらだんご忘れて、
「どっこいしょ、どっこいしょ」
とようてきたと。うちへきたら、かかに
「里へ行ったら、どっこいしょとよううまいもん食うてきた。おめえもどっこいしょ作ってくれや」
とたのんだと。かかは
「どっこいしょなんておら知らない」
とようと、
「どっこいしょを知らんか、この馬鹿」
とようてごうぎにかかをはたいたと。ほうしたら、かかが
「あいたた、だんごのようなコブができた」
とようたと。あにが
「そうだ。そのだんごのことだ」
とようたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。