本文へスキップ

太郎と次郎【愚か者話】越後の昔話集

太郎と次郎(越後の昔話)mukasi

太郎と次郎【愚か者話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
太郎と次郎

 あったてんがの。太郎と次郎がいたてんがの。かっかが
「太郎、今日は死んだつぁつぁの日だすけ、お寺様呼んでお経をあげてもらうすけ、おまえお寺にいってこい」
と頼んだと。太郎は
「お寺様てやどこへいるんだ」
とようたと。かっかは、
「お寺様は、黒い着物を着て高いどこにいらっしゃる」
とおせた(教えた)と。太郎がお寺に行くと、黒いカラスが木の上にいたと。太郎はこれが和尚様らと思うて
「和尚様、今日はつぁつぁの日だすけ、お経読みに来てくらっしゃい」
と頼んだと。そうしたら、カラスがガアガアと鳴いたと。帰ってきてから、太郎は、
「かっかあ、お寺様にいって来たれ」
とようと、かっかが、
「おおそうかや、お寺様はどういわしゃったや」
と聞くと、太郎は
「お寺様は、高い木の上からガアガアと啼いて、たっていがした」
とようたと。かっかは
「この馬鹿、それはカラスとようもんだ。次郎、こんだおまえがいってこい」
とようたと。次郎が
「お寺様てや、どこへいらしゃる」
と聞いたと。かっかは今度
「お寺様てや、黒い着物着て下へいらっしゃる」
とようたと。次郎がとんでいったら、黒い牛がいたと。
次郎は、これが和尚様だと思って
「和尚様、今日はつぁつぁの日だすけ、お経読みに来て
くらっしゃい」
とようたと。そうしたら牛がモーと鳴いたと。うちに来て次郎は
「かっかあ、行って来たれ」
とようと、かっかは
「お寺様はどういわしゃった」
とようたと。次郎は
「お寺様は、モーといわした」
とようたと。かっかは、
「馬鹿、それは牛とようもんだ。今度おれがいってくるすけ、ねら、家に入れ、太郎はまんまたけ、次郎はおつけ煮れ」
そうようて、かっかがお寺に行ったと。
 太郎と次郎は二人して火たいていたと。そのうちにまんまも煮え、おつけも煮えたと。まんまは黒くなり、汁はなくなっていたと。かっかは、
「まあ、馬鹿ども、おおごとしたこてや。お寺様が来ても食ってもらうことができねえ。しかたがねえ。甘酒でもわかして飲もう。おれが天井から甘酒おろすすけ、ねら、けつ(尻)押さえろ」
そうようて、二階に上がって甘酒がめをおろすと。かっかは
「ねら、けつしっかり押さえろ」
とようたと。太郎と次郎はてめえのけつしっかりおさえたと。かっかは
「ねら、下ろすぞ、けつしっかり押さえたかや」
とまたようたと。太郎と次郎が
「ああ、けつしっかり押さえている」
とようたと。かつかが、甘酒がめを放したら、ストーンと落って、かめがぶっこれた(こわれた)と。ほうして甘酒がそっこら中へ流れたと。かっかは
「馬鹿ども、あんげにしっかり押さえていれとようたがんに、なに押さえていた」
とようたと。太郎と次郎が
「こんげにしっかり、自分のけつ押さえていたてがんに」
とようたと。かっかは
「へえ、お寺様がこらしゃるがんに何でもねえ。仕方がねえ、風呂でもわかして入ってもらおうか」
とようて、風呂わかしていると、お寺様がこらしたと。
かっかが
「なんでもねえすけ、風呂でも入ってくらっしゃい」
とようて、お寺様は、風呂に入ったと。かっかが
「お寺様、風呂はなじだい」
と聞いたら、和尚様は
「ちっとぬるいすけ、火たいてくれ」
とようたと。太郎と次郎が火をたこうとしたども、たきもんがねえ。かっかに聞いたら、かっかが
「そこらにあるものたけ」
とようたと。見たら、お寺様の着物も帯もふんどしもあったんだすけ、いんな(みんな)もやしてしもうたと。お寺様は風呂から上がってみたろも、着物もふんどしもみんなないんだんが、ようて(湯てぬぐい)を当てて行ってしもうたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。