本文へスキップ

鼻かぎ権兵衛【知恵者話】越後の昔話集

鼻かぎ権兵衛(越後の昔話)mukasi

鼻かぎ権兵衛【知恵者話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
鼻かぎ権兵衛

 あったてんがの。若い権兵衛という男があったと。権兵衛は舟に乗って、遠いとこへ出かけることになったと。権兵衛がかっかにようたてんがの。
「かっか、かっか。おれが舟に乗って二十日たったら、この家の小屋に火を付けて燃やしてくれや」
かっかが
「おまえ、そんげにむちゃなことようて」
とようと、権兵衛は
「いや、おれに考えがあるすけ、どうでもそうしてくれ」
とようんだんが、かっかも
「仕方がねえ。承知した」
とようたと。
 権兵衛は舟に乗って出て、二十日もめると、舟の上に上がって真剣でにおいをかいでいると。仲間のもんが、
「おまえ、何においをかいでいるがら」
と聞くと、
「おれの家の小屋が燃えているにおいがする」
とようたと。仲間が
「馬鹿ような。舟に乗って二十日もめるがんに、こんげの遠いとこで、おまえの家の小屋の火事のにおいがしるわけがねえ」
とようたと。権兵衛は
「いや、確かに、おらの家の小屋の火事のにおいがしている。くせい、くせい」
とようたと。ほうして、用事を終やして家に帰ったら、権兵衛の家の小屋が燃えていたったと。仲間のもんが、「あのくせえ、くせえとようた日に燃えたがら。権兵衛の鼻はごうぎたいしたもんだ」
とたまげたと。それを聞いていた人も
「ごうぎな鼻かぎ権兵衛だ」
とたまげていたてんがの。
 それを聞いたある男が
「そんげん遠いどこから、においをかぐいい鼻だなんて
うそだ。おれが一つ試してやろう」
と自分のいろり端に炭を一俵埋めていたと。また別な男がそれを見て
「どうしたがら。こんげのどこに炭を埋めて」
と聞いたと。
「いや、鼻かぎ権兵衛の鼻を試すのだ」
とようたと。別の男が権兵衛に
「鼻かぎ権兵衛だとようているおまえの鼻を試すとようて、いろり端に炭を一俵埋めている男がいる。おまえから見てもろうてがら」
とおせたと。ほうしているうちに、炭を埋めた男がきて、
「炭が一俵どっかにいったすけ、おまえのいい鼻でめっけてくれ」
とようたと。権兵衛は、鼻をピクンピクンして、においをかいでいたけが、
「そらあ、おめえの家のいろり端に埋めてあらあ。掘ってみれや」
とようたと。その男は、これを聞いて
「こらあ、本物だ。たいしたもんだ」
とようて、たまげていたと。鼻かぎ権兵衛はますます評判になったと。
 こんだ殿様が病気になって、医者にかかっても治らんと。殿様から権兵衛のところへ使いがきて
「殿様の病気の元を、おまえのいい鼻でかいでみてくれ。権兵衛頼む」
とようたんだんが、権兵衛も
「こらあ、おおごとら」
と困ってしもうたと。殿様のどこへ出かけて行く途中、でっこい杉の木の根っこに腰かけていたてんがの。バサンバサンとでっかい音がして、その木の天上にてんぐが話しているてんがの。
「おい、この木の下にいる人間をとって食うてしもうか」
と一人がようと、
「いや、この男は殿様の病気の元を探りに行くがらすけ、食わん方がいい。あんなやつに病気が分かるはずがねえ。あの病気は、つぼどこ(坪庭)の手洗い石の下に古いガマがいるが、それを掘り出して、逃がしてやれば、治るがら」
とようて、どっかにいってしもうたと。それを聞いていた権兵衛は
「これはいいことを聞いた」
と山を下って殿様のどこへいったと。きれいな部屋に通されて、権兵衛はそこらのにおいをかいでいたけや、
「つぼどこの手洗い石の下に古いガマがいるすけ、それを堀り出せや、殿様の病気は治る」
とようたと。そこを掘ったら殿様の病気はほんとに治ったと。殿様は喜んで権兵衛はいっぺえ金をもろうたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。