本文へスキップ

彦一とタヌキ【知恵者話】越後の昔話集

彦一とタヌキ(越後の昔話)mukasi

彦一とタヌキ【知恵者話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
彦一とタヌキ

 あったてんがの。あるろこへ彦一とよう男があったてんがの。ほうして、人をだましたり、道化たり、たまがしたりするのが馬鹿上手だてんがの。彦一の裏山にタヌキが一匹すんでいて、それがまた、人をだましたり、たらかしたりするのが上手で、彦一とどっちが上手だというくらいだったと。
 あるようさる、彦一が用事にいって、帰り道にタヌキがよんだてんがの。
「彦一どん、彦一どん、おれは、おまえの裏山に住んでいるタヌキだが、おまえのいっちきらいのがんは、なんだ」
とようたと。彦一は、
「おれのいっち嫌いのもんはまんじゅうだ。まんじゅうはおっかのうて、おっかのうて」
とようたと。タヌキは
「えっ、そうか」
とびっくりしたと。そうして、彦一が家に帰ると、タヌキがドンドンまんじゅうを投げ込んだてんがの。彦一は
「ああ、おっかね。こわい」
そうよいながら。まんじゅうをドンドン食うているてんがの。タヌキは
「そらあ、いっきび(いい気味だ)だ」
と思うていたてんがの。彦一はまんじゅうをみんな食うと、お茶を出して
「ああ、うまかった」
とお茶を飲んだてんがの。ほうしたれば、タヌキはそれを聞いて
「いやこら、彦一にだまされた」
とくやしがっていたてんがの。
 つぐの日、彦一が田んぼへ行って見たれば、たんぼの真ん中に、石ころがこってい(いっぱい)こと入っているてんがの。ほうしたれば、彦一がでっこい声で
「こらあ、またよかったねえか。石ころ三年とようて、三年は肥やしをしないでよかった。もうかった」 とようてるてんがの。タヌキは陰で聞いて
「こら、またしくじった」
と思うていたてんがの。ほうして、つぐの日、彦一が田んぼに行って見たれば、田んぼの中の石がいんなねえなっていたてんがの。彦一は
「いやあ、石ころでよかった。馬のくそでも入っていたら、おおごとだった。馬のくそだったら、田んぼは、もう使いもんにならねえから」
とようたと。つぐの朝、田んぼに行って見たれば、馬のくそがいっぺえ入れてあったてんがの。こんど彦一は黙って喜んでいたてんがの。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。