本文へスキップ

牛の子八匹【知恵者話】越後の昔話集

牛の子八匹(越後の昔話)mukasi

牛の子八匹【知恵者話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
牛の子八匹

 あったてんがの。あるどこへ、とんちのいい男があったてんがの。とんちがいいてがで、いばっていたてんがの。ある道中で知り合いの男に会うたてんが、
「よし、この男たらかして(だまして)やれ」
と思うて、
「いや、いい天気だの。なに変わったことはねえかい」
とようたと。知り合いの男は、
「別に変わったこともねえが、おら、こねさ(この間)、変わったもんを見た。タヌキの頭にハチが巣を作っているのを見た」
ようと、
「そんげな冗談(じょうだん)ようて、いくらまぬけのタヌキだって、ハチが頭に巣をつくるなんて、じっとしていねえこてや」
ととんちの男がようたと。
「いや、ほんとだ」
と知り合いの男も負けなかったと。とんちの男は
「おめえはいつも冗談ばっかようているがらねか」
とようろも、知り合いの男も
「いいや、嘘(うそ)じゃねえ」
と負けなかったと。ほうして、二人で賭(かけ)することになったと。とんちの男が
「ほんとうに、タヌキの頭にハチが巣つくっているがらけや、牛の子八匹やろう」
ようたと。知り合いの男も
「よし、おれが嘘だったら、馬の子八匹やる」
とようたと。二人して田んぼに行って、知り合いの男が「ほら、あそこにタヌキの頭にハチが巣作っているでねえか」
指差すとこを見たてんがの。田んぼの中に棒が立っていて、その頭にハチが巣をつくっていたてんがの。知り合いの男は
「その田んぼの杭は、田をつらぬいたもんだすけ、タヌキだ」
とようたてんがの。とんちの男は、仕方なく
「明日、牛の子八匹持ってくるすけ、待ってくれ」
とようて、ショボショボして帰ったと。タヌキの男は、いい気になって、家に帰ったと。ほうして、
「かか、かか、酒買うてこい。魚買うてこい。赤飯炊け。
近所のショもよばってこい。明日は、牛の子八匹もうかるすけ、心配しるな」
ドンちゃん騒ぎしていたてんがの。
 とんちの男は、賭に負けて、あんまり心配して、熱を出して、大騒ぎしているどこへ、友達がきて、事情を聞いたと。
「よし、わかった。そんげのがんはおらに任せろ。心配しんな」
とようたてんがの。
 つぐの日、牛の子を今か今かと待っている男のとこへ、やせこけた牛一匹連れてきたてんがの。賭に勝った男は、
「これはなんだ。どうようがら。たった一匹で」
と怒ったと。とんちの男は
「後ろへ回ってみてくれ。たった一匹だが、八匹だ」
とようたと。ほうして、牛の子の後ろに回って見たれば、牛の尻っぽになわを付け、その先に、ハチをしばっておいたてんがの。ハチを引いているんだんが、ハチヒキだと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。