本文へスキップ

うばすてやま【知恵者話】越後の昔話集

うばすてやま(越後の昔話)mukasi

うばすてやま【知恵者話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
うばすてやま

 あったてんがの。あるどこへ親孝行の、気立てのいい小せがれがあったてんがの。ばさとせがればっかりの暮らしだったと。その村では、ばさが六十になると、みんな山へぶちゃって(捨てて)しもうてがだ。そのせがれも、
「ばさも六十になった。この親ぶちゃらんけやならん。おおごとだねえか」
と思うていたと。
「村の決めだすけ、おまえを山へ連れていくども、おら、毎日、食うもの持っていくぜ」
そうようて、ばさをぶって、やまへぶちゃりにいったと。ズンズンズン山奥へ行く途中で、ばさが木の枝をポキンポキンと折ってゆくと。せがれは、木の葉っぱをいっぺい拾って、それを敷いて
「ばさ、ばさ、ここへ寝るようにしてくらっしゃい。まんまはおれが持ってくるすけ」
とようたれば、ばさは、
「こんだ、おまえが帰る時、木の枝をおっぽしょり、(折り)おっぽしょりしてきたすけ、その木の枝を探していげや」
とようたら、せがれは、涙を流して喜んだと。
「こんげにいい親、なんでぶちゃっていがろうば」
と泣き泣き家に帰ってきたろも、どうしても寝らんねで、
「おれが、なんでこうやっておかれようか。おれがいってまた、山から連れてこよう」
思うて、つぐの日、早速(さっそく)山へ行って、ようさるになってから、連れてきて、縁の下へ隠しておいたと。
 そのうちに隣の国の殿様から、この国の殿様へ難題が三つきたてが。その一つが、あく(灰)で編んだなわを持ってこいとようのだと。殿様は家来に、家来は人々にそれを持ってくるように言い付けたと。
「おまえ方、あくでなわをのうた(綯った)のを持ってこいば、ほうびをやる」
と。だれもわからんかったと。せがれは、家に帰ってばさに聞いたと。ばさは
「そんげんがん、ぞうさのねえこんだ。わらでなわをのうて、それに塩かけて火で燃せば、あくでのうたようになる」
とおせたんだんが、せがれは、そうして殿様のどこへ、持っていったと。殿様は喜んで、こってえほうびをくれたと。また殿様が
「ほら貝のまがりくねったのに、糸を通してこい」
といわしたてが。せがれがまた、ばさに聞いたと。ばさは、
「そらじょうさもねえ。ありご(アリ)の頭に糸を付けて貝の中に入れてやれ。ほうして、貝の出口のとこに砂糖をやっておけ」
といわしたと。せがれがそうしたれば、また糸がスウーッと通ったと。せがれは喜んでそれを持っていったてんが、殿様が喜んで、このあにはなんでも知っているとようて、またほうびをくれたと。その続きに、隣の国から、
「たたかぬ太鼓(たいこ)になる太鼓を持ってこい」
とようたんだんが、せがれが、また、親ばさにきいたと。
ばさは
「そらあ、ぞうさもねえこった。太鼓を作るとき、ハチをいっぺえ入れて、こしらえ」
そういわしたと。太鼓をこしらう人が、ハチを中にいっぺえ入れて皮をはったと。ほうしたれば、ハチが中であたけて(あばれて)、ブンブン、ドンドンとようので、それを持って殿様のどこへいったと。殿様は喜んで、ほうびをいっぺえくれて、
「おまえはなんでも知っているが、どうしたがだ」
と間きなしたと。せがれは、
「おら、何にも知らんがだ。おらの親ばさが六十になって、山へぶちゃったろも、あんまり、かわいそうで、つれもどして、縁の下へ隠しておいた。その親ばさから、いんな聞いたがだ。年寄りは賢いすけ」
とようたと。殿様は
「そうか、年寄りはそんげに賢いか。これからは、年寄りを山へぶちゃらんことにしよう。おらが悪かった」
そういわしたと。それから年寄りを山へぶちゃらんことになったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。