本文へスキップ

松の山鏡【知恵者話】越後の昔話集

松の山鏡(越後の昔話)mukasi

松の山鏡【知恵者話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
松の山鏡

 あったてんがの。あるろこへ父親とせがれがあったてんがの。せがれは親孝行で父親を大事にしていたてんがの。ほうしたれば、父親が病気で死んでしもうたてんがの。せがれは毎日悲しんでいたてんがの。
 ある時、魚釣りに行ったてんがの。見れば、光ったようのもんが父親の顔に見えるてんがの。そのせがれは、父親の顔そっくりで、釣り上げたのは、鏡だてんがの。
「おらが、毎日、父親のこと思うているんだんが、ここへ来て暮らしたがだな」
と思って、喜んで家に持ってきて、大事にしてごはんあげたり、お参りしたりしていたてんがの。せがれは、独り者だんだんが、嫁を世話しる人があって、嫁をもらったと。その鏡は押し入れの奥へしもうておいたてんがの。嫁がきて掃除したれば、押し入れの奥から鏡が出てきたと。その鏡見ると、きれいな女が映っているてんがの。ほうして、嫁は、
「まあ、おらちの人は、こんげにいい女がいるてがんに、またおらもろうて。こんげのことがなにあろうば」
とこってい(とても)ごうやいて(怒って)いたてんがの。そこへ亭主が帰ってきたんだんが、
「おまえ、どういうがだ、こんげのいい女隠しておいて」
と怒ったと。亭主は、
「なにようている。女なんか何隠しておこうばや」
とけんかになったと。
「これみらっしゃい」
と鏡だしたと。
「なにこれが女であろうばや。死んだ父親でねえか」
「これは女だ」
とけんかしたと。そこへ隣の亭主がきて、訳を聞いたと。鏡を見て
「これは、頭のあめた男だがや」
とようたと。そこへ隣のかかがきて
「これはにくげな女だねか」
とようたと。四人して論しているとこへ、お寺の和尚さんがきて、
「おまえたち何けんかしているがら。これは鏡とようもんだ」
とようて聞かせたてんがの。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。