本文へスキップ

和尚様と三人の小僧【和尚と小僧】越後の昔話集

和尚様と三人の小僧(越後の昔話)mukasi

和尚様と三人の小僧【和尚と小僧】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
和尚様と三人の小僧

 あったてんがの。ある寺に和尚様と三人の小僧があったと。和尚様はいつも小僧に隠してうまいもん食うているてんがの。和尚様は
「小僧小僧、このうまいもんは、大人が食えばなんともないが、おまえらのような子どもが食えば、死んでしもうがら」
とようてきかせていらしたがらと。あるどき、和尚様は檀家へお経読みにいがしたてが。その留守に三人の小僧が
「和尚様は、このうまいもんは、自分のような大人が食えば死なないし、子どもが食えば死ぬとようていらしたが、そんげんことはないと思う。ちっと食うてみよう」
そうようて、一人の小僧が、食うてみたら、ばかうまいてが。あんまりうまいんだんが、三人してそのうまいもん、いんな(みんな)食うてしもうたと。小僧は
「はて、このうまいもん、いんな食うてしもうたが、和尚様が帰ってきたらどうしょう。いんなしてこの部屋掃除しよう」
そうようて
「ここには和尚様がつぼき(庭木)を鉢にいれて、大事に飾っておかしゃる」
そうようて掃除したと。一人の小僧が鉢をクワンとたたいて割ったと。二人の小僧が
「こんげのことして和尚様がどっげに怒らっしゃるかわからんぞ」
とようと、小僧が
「おらに任しておけ。和尚様には、大事な鉢をこわしたんだんが、あのうまいもん食えば死ぬてがで、あんまり申し訳ないすけ、食ったとようことにしよう」
そうようことに決めておいたと。ほうして三人の小僧は、仏檀の前で泣いていたと。そこへ和尚様が帰ってきて、
「ねら、三人してなんで泣いているがら」
と聞くんだんが、
「和尚様、大変申し訳ないことをしました。和尚様の大事なつぼきの鉢を割ってしもうた。これは死んで謝(あや)らねばならんと思うて食えば死ぬというあのうまいもんを三人で食った。もう死ぬか、もう死ぬかと思うているうちに、んな食ってしもうた。いっこう死ねないんだんが、こうして泣いているがのだ」 と小僧がようたと。和尚様もどうしょうもねえんだんが、
「おう、そうか。もう泣かんでもいいや。鉢を割ったのも仕方がねえ。うまいもん食われてしもうても仕方がねえ」
そうようていらしたてが。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。