本文へスキップ

てんぐの隠れみの【誇張話】越後の昔話集

てんぐの隠れみの(越後の昔話)mukasi

てんぐの隠れみの【誇張話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
てんぐの隠れみの

 あったてんがの。あるろこへなまけ者の男がいたと。
そこのうちのばさが
「おらあには仕事もしねえで遊んでばっかいるのめしこき(なまけもの)でこまってしもう」 とようていると。
 山の松の木の上にてんぐの子がいるとよう話だったと。のめしこきのあには、この話を聞いて 「おれがてんぐの隠れみのを取ってやろう」
竹の筒を持って松の木のどこへ行ったと。木の下で遠くの方を向け、竹筒をのぞいて、口からでまかせに 「江戸が見える。江戸は今花見で人がいっぺえいる。京都が見える。今お祭りで、にぎやかだ。大阪が見える。おもしいな」
とようたと。それを見ていたてんぐの子が、
「あれ、おもしろげなのが欲しいな」
とようたら、あにはのうかた(いっそう)おもしろげに、口からでまかせをようていたと。そうしると、てんぐの子が下へ降りてきて、あにのそばへきたと。てんぐの子が
「あに、おれにそれを貸してくれねえか」
とようと、あには
「馬鹿ような。おれの大事な宝物おまえになんか貸せらんね」
とようと、てんぐの子は
「ちょっとでいいすけ貸してくれ」
と頼んだと。
「いや、だめだ」
とあにがようと、てんぐの子は、のうかた欲しくなって「おれの大事な宝物の隠れみのとかえてくれ」
と頼んだと。あには
「だけや、仕方がねえ。かえてやるすけ持ってこい」
とようたと。てんぐの子は喜んで隠れみのを持って来て竹筒とかえっこしたと。あには隠れみのを着てどっかへいってしもうたと。てんぐの子はその竹筒をのぞいてみたろも、なんでもめえなかったと。
「こらあだまされたな」
とくやしがっていたと。
 あには、その隠れみのを着て酒が飲みてえんだんが、酒屋へ行ってガブガブ飲んでいたと。酒屋のショは
「酒がどっかへいくぞ」
と不思議に思っていたと。あにはこんだ菓子屋に行って菓子を取って食ったと。うんめい菓子がチョコチョコどっかへ行くんだんが、菓子屋がたまげていたと。
 こんだ人のいっぺえいるどこへきて、耳引っ張ったり、鼻つかんだり、背中をたたいたり、いろいろいたずらして、人の騒ぐがん見て、おもしろがっていたと。あにも疲れて、家にきて物置にみのを置いて寝たと。その間にばさがその物置を片付けると、きったなげのみのがあるんだんが、
「こんげのもん、どっから出たろう」
ようて、燃やしてしもうたと。あにが目覚ましたら、みのがなかったと。あにがばさに
「ばさ、ばさおれがここに置いたみの知らんかい」
と聞いたら、ばさは
「あんげのきったねもん燃やしてしもうた」
とようたと。
「あら、おらの大事なみのだてがんに、その燃やしたあく(灰)どうしたい」
と聞いたと。ばさは
「あくはここにあらあ」
とようたと。あにはそのあくからだに塗って姿消して出かけたと。酒屋へ行ったり、菓子屋に行ったりしているうちに、しょんべんが出たくなったと。しょんべんしたら、ちょんぼこ(陰茎)のあくが落ちて、ちょんぼこの先ばっかめえたと。そのままそこら歩んでいたら、人が「ちょんぼこがきた」
とようたと。こんだ水が飲みたくなって、水飲んだら、口の方のあくが落ちて口がめえると。ほうしたら、人が
「あこへちょんぼと口がくる」
とようて騒ぐんだんが、あにはどんどん逃げているうちに川へ落ったと。からだのあくが取れて元のあにになったと。いきがきれた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。