本文へスキップ

カモ取りごんべえ【誇張話】越後の昔話集

カモ取りごんべえ(越後の昔話)mukasi

カモ取りごんべえ【誇張話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
カモ取りごんべえ

 あったてんがの。あるどこへ権兵衛(ごんべえ)とよう漁師があったてんがの。権兵衛はカモ取りが上手で、人がカモ取り権兵衛とようていた。権兵衛は
「カモの一羽二羽取ってもおもしろくねえ。一度に百羽も二百羽も取りていもんだ」
そう思うていたんだんが、考えてわなを百もこしらえて氷の張った池に並べて、わなの一つ一つに長いなわを付けて、そのなわをてめえで持って林の中へ隠れていたてんがの。一羽飛んできて、わなに引っかかってギャオンと変な声を出したてんがの。ほうしているうちに順々に飛んできてわなに引っかかった。またも後から後からわなに引っかかるてんがの。
「じゃあ、勘定してみよう」
と思うて、勘定してみたら、九九羽かかったと。
「おう、もう一羽だ」
と権兵衛は喜んでいたてんがの。ほうしたら、一羽のカモがバタバタバタとでっこい音立てたてんがの。その音にたまげて、九九羽のカモがいーんな(みんな)羽ばたきして、たとうとしたてが。
「こら(これは)、逃がしてなるんだな(なるもんか)」
と、権兵衛は九九本のなわをしっかり押さえてふっぱっているてが。
「こら、止めてくれ、止めてくれ」
とようて、いくら引っ張ってもカモの力にはならんで、カモが一度に空へ飛び立っていくてが、権兵衛もなわにぶら下がって、放せば落ちるんだんが、仕方なしになわにつかまっていたと。いいかんたったらなわが切れて、権兵衛は、百姓がワラを積んでいるどこに落ちて、助けてもろうたと。ほうしるんだんが、権兵衛はその百姓の家で畑仕事のあいほう(手伝い)をしていたと。
 畑へ粟の穂刈りにいったと。その粟の穂がばっかでっこかつたと。権兵衛がツルツルヅと粟の穂の上に上がったどきに、丁度強い風が吹いてきて、穂が風に飛ばされて、権兵衛は穂に乗ったまま飛ばされてしもうたと。ほうして、町のかさ屋の庭に落ちたと。かさ屋の主人が「おめえ、どこから来たや」
と聞くんだんが、権兵衛は
「おら、こんげの遠いどこへ来てどこも知らねえ。いくとこがねえ、おらを使ってくれ」
と頼んで、かさ屋へ使ってもろうことになったと。
 ある時、かさを持ちながらポンとして立っていたてが、風が吹いてきて、広げていたかさも権兵衛も一緒に空に吹き上げたてが。
「こらまた、おごとらねか」
と思うているうちに、お寺の五重の塔の上に落ちたと。
「助けてくれ、助けてくれ」
ようたれば、和尚様が聞こえつけて、釣り鐘をたたいて村のショを集めて
「あの屋根の上に人がいるすけ助けねばならん。おめえ方、家へ行って、ふとんを持ってこい」
といわしたと。ふとんの山を作って、和尚様が
「ここへ降りて来い」
といわしたと。権兵衛が飛び下りたれば、あんまり高いんだんが、威勢がついて目から火が出て、ふとんにもついて、権兵衛も焼け死んでしもうたてんが。いきがきれた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。