本文へスキップ

豆の木【誇張話】越後の昔話集

豆の木(越後の昔話)mukasi

豆の木【誇張話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
豆の木

 あったてんがの。じさとばさがあったと。じさは山へ行ったし、ばさは庭掃いていたと。でっこい豆があったと。ばさはこんげのでっこい豆は、いって食おうか、種にしようかと思うていたら、じさが帰ってきたと。じさは、この豆を種にして植えたと。豆は芽を出して、ズンズン伸びて、天じくまで伸びていったと。ばさは喜んでどんげな豆がなるろうと楽しみにしていたと。秋になったらデッコイ豆がなって、はじけて落ちるようになったと。ばさは
「じさじさ、今日は天気がいいし、豆もぎしてくらっしゃい」
とようて、デッコイ袋を貸してくれて、じさはまめもぎに上がっていったと。ばさが
「おまえ、もぎもぎして上がったら、重いろうすけ、てんじょうへ先上がって、もぎもぎして、おりらっしゃい」
とようたと。じさは豆の木に上って行くうちに天じくに出てしもうたと。天じくは、広くて、きれいだったと。
そこで遊んでいるうちに、日が暮れてしもうたと。じさは
「おら、豆もがねえうちに、日が暮れてしもうた」
とあえんでいったら、きれいな家があったてが。そこへ泊めてもらおうと思うて頼んだら、きれいなあねさが出てきて、水を出してくれたと。その水がばかうめえかったと。こんだ、中に入れてくれて、黒いもん出してくれたと。それがまた、ばかうめえかったと。
 つぐの日になって、あねさが、
「おれが使いに行ってくるすけ、ちっと留守居してくんねせえ」
じさが留守居して、つぎの部屋を見たら、昨日飲んだような水がタクンタクン垂れていたと。その水飲んだら、昨日と同じにうめえかったと。つぎの部屋見たら、昨日食った真っ黒いもんが部屋いっぱいになっていると。それを取ろうとしても、取らんねえ。そこへあねさが戻って来たんだんが、じさが
「こら何だ」
と聞いたと。あねさは
「そら、子どものへそだ。ようだち(夕立)の時に、裸(はだか)で寝ている子どものへそを抜いたがだ」 そうようて聞かせたと。あねさが
「じさ、これから夕立を降らせるすけ、あいほう(手伝い)せや」
とようたと。じさが、鏡でピカピカ光らせたり、うめえ水を桶に入れて空からまいたと。それがちょうどいい夕立になると。じさは、雨降らしているうちに、空が高いんだんが、目を回して、空から落ちたと。落ちるひょうしに、目玉が飛び出してしもうたと。じさは、そこら探したら、石ころがあったと。それを目玉と間違えて目の中に入れたと。ほうしるんだんが、じさがめくらになってしもうたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。