本文へスキップ

屁っこき嫁【誇張話】越後の昔話集

屁っこき嫁(越後の昔話)mukasi

屁っこき嫁【誇張話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
屁っこき嫁

 あったてんがの。屁(へ)っこきの嫁が来たと。嫁は屁の出るのを我慢(がまん)していたと。あんまり我慢していたら、顔色が悪くなったと。ばさが
「おまえ、どっか悪いかや。顔が真っ青だがや」
とようたら、嫁が
「庇が出たいろも、我慢しているんだんが、そうだ」
とようたと。ばさが
「おうこ、屁の出たいがんなんか、我慢しねえでこけや」
とようたと。嫁が
「じゃあ、屁をこくすけ、ヨロブチ(いろりのふち)にしっかりつかまっていてくらっしゃい」
とようたと。嫁が屁をこいたら、ばさがヨロブチごと天井に吹き飛ばされたと。ばさはたまげて
「こんげの嫁は、おら家に置かんね」
とようて、出してしもうたと。
 実家へ帰る途中、舟がひっくり返っておおぜいで大騒ぎしているどこへ来たと。嫁がそれを見て
「あはは」
と笑って、
「あんげのがん、おれの屁の風で起こされらあ」
とようたと。それを聞いた人が
「なに生意気ようて、屁の風で起こしてみれ」
とようたと。ほうしると、嫁がけつ(尻)まくって、舟の方へ向けて屁をこくと、舟がくるっと起きたてんがな。んーなが喜んで、銭どうろ(たくさん)くれたと。
その金を持って実家に帰ったと。ばさがその話を聞いて、
「おら家に戻ってくれ」
とようたろも、嫁は家に戻らんかったと。嫁は金いっぺえもらって幸せに暮らしたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。