本文へスキップ

かんなり様と桶屋【誇張話】越後の昔話集

かんなり様と桶屋(越後の昔話)mukasi

かんなり様と桶屋【誇張話】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
かんなり様と桶屋

 あったてんがの。あるろこに桶屋(おけや)があったと。酒屋の大きな桶のたがが切れたんだんが、たががけをしていたら、そのたがが切れて、ピーンとはねた拍子(ひょうし)に、桶屋はてんじゅく(天竺)へはね飛ばされたと。そこはかんなり様の屋敷で、かんなり様が出てきたと。
「おまえ、どこから来た」
と聞くんだんが、桶屋は
「おら、桶のたがが切れてはね飛ばされて来た」
とようたと。かんなり様は
「そらあ、いいとこへ来た。ここ久しいこと雨が降らんで、百姓は困っているすけ、雨を降らせようと思うたが、あいほうしるもんがなくて困っていたどこだ。おめえ水まいてくれ」
とようて、八つ、太鼓(たいこ)をゴロゴロとはったくてんがの。桶屋はそのあとからザアザア水をまいたと。下を見たゴロゴロバシャバシャの夕立だったてんがの。干し物を取り込まんばならねえととんで出る。子どもは、裸(はだか)でいると、かんなり様がへそをぬくすけ、早く家に入れととんで行く。道を歩く人は、耳を押さえて木の下にとんで行くやら、大騒ぎだったと。桶屋は面白くてどうしょうもない。そのうちに、雲の間から滑って下へ落ちて、お寺の大きな木に引っかかって、降りることもならんで、
「助けてくれ、助けてくれ」
とようたと。ほうしたら、和尚様が出てきて、見たら、木のしんぶら(木のいちばん上)に人間が引っかかって助けを呼んでいる。和尚様は
「小僧、小僧。あの人間を助けんばならんすけ、村のもん呼んで来い」
そうようて、和尚様はでっこいふろしきを持ってきて、その四すみを力の強いもんが持って、
「木の上の人、ここへ飛び降りれ」
とよわしたと。飛び降りたれば、四すみを持っていた人は、みんな額(ひたい)をぶつけて、目から火が出て、その木をヒノキとようようになったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。