本文へスキップ

タカとエビとエイ【動物の競争】越後の昔話集

タカとエビとエイ(越後の昔話)mukasi

タカとエビとエイ【動物の競争】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
タカとエビとエイ

 あったてんがの。あるどこへでっこいタカがいたと。
自分の羽を広げて見て
「でっこい羽だ。おれくらいでっこい羽は世界にあるまい。試しにそこらを騒いでみよう」
そう思うて海へ飛んでいったと。そのでっこい羽で一日中飛んで、晩方(ばんがた)になったんだんが、泊まるどこはないかなあと見たら、杭が一本あったと。
「こらあ、いいあんばいだ。今夜ここに泊まろう」
とその杭に一晩泊まったと。
 朝起きて見たら、杭がぐらぐら動いているみてえらんだんが、また海を一日中飛んで晩方になると、また杭が一本あったと。そこへ泊まって朝起きてみたら、その杭がぐらぐらと動いて、なんだか生きているみてえだなあと思うていたら、その杭がズーッとあがってきて良く見たらエビの頭だったと。エビが 「だれだ。ようべも、おれのつのの上に泊まって」
とようたら、タカはたまげてしもたと。タカは
「エビどん、おらは、世界一でかいと思うたら、おめいにはならん。世の中には、でかいもんがいるもんだ」
とようて逃げていってしもうたと。エビは
「なるほど、ほうせば、おれが世界一でっこいな。そこらを騒いでこう」
とようて、海を一日泳いで、晩方になって来たら、ほら穴があったんだんが、そこへ泊まって。つぐの日また一日泳いで、晩方またほら穴に泊まったと。その朝
「おれはこうして泳いでみるろも、おれよりでかい魚はいねえな。おれは、世界一でっこいな」
とひとりごとようていたと。ほうしると
「あはっはっは」
と笑う声がしたと。ほうして
「何が世界一だ。よんべもおれの鼻の穴に泊まって、おらは、くすぐったくて、どうしょうもない。おら、エイとよう魚だ」
ほうしてハックションとようて、くしゃみしたら、エビはどっかへ吹き飛ばされて腰が曲がってしもうたてんがの。そうしてエビは、今でも腰が曲がっていると。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。