本文へスキップ

サルとヒキガエル【動物の競争】越後の昔話集

サルとヒキガエル(越後の昔話)mukasi

サルとヒキガエル【動物の競争】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
サルとヒキガエル

 あったてんがの。サルとヒキガエルがいたと。天気のいい日にヒキガエルがそとへ出て遊んでいたと。サルが向こうからきてヒキガエルを見つけて
「カエルどん、なんかいいことないかな」
とようたと。
「おらとこの隣でもちつきだ。おら、食いたいどもどうしょうもない」
とようたと。サルは
「そうか、カエルどん、そうせばいいことがある。おまえ、もちつきの家にいって、池のどこで子どもの泣きまねせい。そうせば、家のショがたまげて出てくる。そのすきにおらがもち盗んで来る」
とようたと。
 その家の裏に池があると。カエルが池の中に入って子どもの泣きまねをしたと。ほうしたら、 「ほら、子どもが池に落ちた」
と家のショが池のどこへとんでいったと。そのすきにサルがそのもちを、うすぐちら(臼ごと)かついで、山の上に逃げていったと。家のもんがたまげて池にとんでいってみたら、子どもでなくてカエルだったと。
「このカエルめ、おらをだまして」
とようで、家のショがカエルをとって、ほげなげたと。
カエルは
「ああ痛かった。早行ってもち食わんばならん」
と。バタラバタラと山の上に行ったと。サルが山の上でカエルがくるのを待っていたと。サルは、このもちを二人で食うより、自分一人で食うことを考えているどこへ、カエルがきたと。サルは
「カエルどん、カエルどん、このうすを山の上から転ばして先に着いたもんが勝ちで食うことにしょう」
とようたと。カエルは
「そんげのことせば、おら足が遅いすけ、もちを食うことができねえ」
と思うたども、サルが
「どうしてもそうしょう」
とようんだんが、
「仕方がねえ、サルどんのすきなようにせばいいこてや」
とようんだんが、山の上からうすをゴロゴロ転がしたと。サルはどんどんうすのあとからついていったと。カエルは
「おら、へえ、あのもち食わんねえ」
とあきらめて、。バッタラバッタラついていったと。サルは山の下まで転がっていったうすの中見たら、もちが入っていなかったと。
「これはおおごとら。もちをどっかに落としてきた」
サルはそう思って戻ってきた。ほうしたら、もちは柳の木に引っかかっていて、そのもちをカエルが食っていたと。カエルは
「サルの奴(やつ)、おれにもち食わせまいとしたんだんが、罰(ばち)が当たった。このもちおらのもちだ」
と柳の木に上って食うていたと。そこヘサルが来て、けなりげ(うらやましそうに)に見ていたと。ほうして
「カエルどん、カエルどん、あがった方から食わんで、下がった方から食うんどう」
とようたらカエルは
「上がった方から食おうげろ、下がった方から食おうげろ、ふくのものは、ふくが好きら、好きら」
とようたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。