本文へスキップ

キツネ、タヌキ、ウサギ【動物の競争】越後の昔話集

キツネ、タヌキ、ウサギ(越後の昔話)mukasi

キツネ、タヌキ、ウサギ【動物の競争】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
キツネ、タヌキ、ウサギ

 あったてんがの。あるどこヘキツネ、タヌキ、ウサギがあったてんがの。三匹して相談して、この道を飛脚(ひきゃく)が通る。にぎりめしを持って通るすけ、そのにぎりめしを取って食おうとようことになったてんがの。三匹は、やぶの中に隠れていたてんがの。飛脚は、エッサコラサ、エッサコラサととんできたれば、ウサギがやぶから出て、道の真ん中にチョコンとしているてんがの。飛脚は「このウサギけがでもしたか、つかまえてくれる」
てがんで、手を出すと、ピョン、ピョンとちっと先へ行ってチョコンとしている。またつかめてやろうと先へゆくと、ピョンピョンと行って先へ止まっている。飛脚は、ごうをやいて、にぎりめしを包んだふろしきを木にいつけて、ウサギをぼっかけて行ったてんがの。つかめようとしると、ピョンピョンととんではチョコンと止まっているてんがの。そうしているうちに、キツネが「おい、タヌキ、あの木の下のふろしき包のにぎりめしを持って来い」
とようんだんが、タヌキが取りにいってきたら、ウサギは
「にぎりめし、タヌキがとったすけ、この辺でいいなあ」
とピョンピョンと山の中に逃げて、どこへいったか分からんと。飛脚はあきらめて戻ってきたら、にぎりめしは取られてねえてがんの。三匹してそのふろしきあけて見たれば、にぎりめしが五つ出てきたと。キツネが
「さあ、にぎりめしを分けよう」
とようて、タヌキに一つ、ウサギに一つ、
「後の残りが三つどうして分ける」
とようろも、分からん。キツネが
「飛脚の手紙にどう書いてあるか見よう」
と見たら、
「一つはタヌキ、一つはウサギ、三つはキツネがもらう」
とある。
「おめえたち、聞いたか、三つはキツネがもらう」
とある。ほうしてキツネが三つ取って食ったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。