本文へスキップ

さるの生肝【動物の闘争】越後の昔話集

さるの生肝(越後の昔話)mukasi

さるの生肝【動物の闘争】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
さるの生肝

 あったてんがの。竜宮城(りゅうくうじょう)の乙姫様(おとひめさま)が病気にならしたてんがの。医者にかかるろも、いっこうに治らないと。
こんだ神様からみてもろうたら、
「サルの生肝(いききも)を薬に食えばいい」
とおっしゃると。ほうせば、だれがサルを連れてくるかとようことになって、カメが行くことになったと。カメがサルを連れて来ることになったと。カメが泳いで行くと、サルは、松の木の上に上っていたてんがの。カメは「サルどん、サルどん、おまえ、竜宮城へ行って見たくないか」
とようたと。サルは
「行って見たいろも、おら、泳がんね」
とようたと。カメが
「ほせば、おれの背中に乗れや。おれが連れていってやらあ」
ようんだんが、サルは
「ほんだか。なじょうも、連れていってくれ」
とようて、サルは竜宮城に行って、ごっつぉ食わせられ、喜んで遊んでいたと。ほうしると、クラゲがサルを見て
「サルの馬鹿が。てめいの生肝取られるのも知らんで、いい気になって遊んでいらあ」
とようたと。それを聞き付けたサルが、しおれて元気のないかっこうしているがんを、カメが見て不思議に思い、
「おい、サルどん、馬鹿げに元気がないが、どうした」
と聞いたと。サルは
「おら、困ったいや。大事な生肝を天気がいいすけ、木にほしたまま来てしもうた。どうも雨が降りそげだんだんが、とりこんでこんばならん」
とようたと。カメは
「そらあ、おおごとだ。おれが背中に乗せるすけ、木から取り込んでこいや」
そうようて、サルにたらかされて、背中に乗せていったと。ほうして、サルは木に登ったまま降りてこんかったと。カメは心配になって
「サルどん、サルどん、はや生肝取り込んでこいや」
とようたと。サルは
「馬鹿、なにようているや。生肝なんて出したり、入れたりするもんでない。生肝取られれば、死んでしもうに決まっていらあ。そんげのどこへおらあ、へえ(もう)いがんどう」
とようたと。カメが
「なに、おめえの生肝だれが取るとようた」
とようたら、サルは
「おらあ、クラゲから聞いた」
とようんだんが、カメは、仕方なしに竜宮へ帰っていったてんがの。クラゲはサルに聞かせたてがんで、骨を抜かれてしもうて、今でもクラゲは、骨がないのだと。いきがきれた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。