本文へスキップ

ふるやのもり【動物の闘争】越後の昔話集

ふるやのもり(越後の昔話)mukasi

ふるやのもり【動物の闘争】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
ふるやのもり

 あったてんがの。あるろこへじさとばさがあったてんがの。ほうして、馬一匹飼っていたてんがの。雨の降る、寒い晩に山のおおいんが、馬を食いにきて、家の中をうかがっていたと。じさが
「ばさ、ばさ、こんにゃは、さぶいすけ、早、寝ろういや」
とようて、早寝したと。寝床の中で、じさとばさが話していたと。じさが
「ばさ、ばさ、おめえはこのシャバで、なにがいっちおっかねえや」
とばさにようたと。ばさは
「そうだの。このシャバでおおいんがいっちおっかねえ」
とようたと。おおいんは外で、それ聞いていて、喜んでいたと。こんだばさが
「じさ、じさ、おめえはなにがいっちおっかねえや」
と聞いたと。じさは
「そうだの、おおいんなんかおっかんねえ。ふるやのもり(古家の漏り)がいっちおっかねえ」
そうようたと。おおいんがそれ聞いていて、
「ふるやのもりてや、どっげのもんだろう。おらたより、まらおっかねえとようが、ふるやのもりがここへ来たら、おおごとらすけ、こんげのどこへいらんねえ」
と思うて逃げたと。
 ちょうどその時、馬泥棒が、馬を盗みにきていて、おおいんが飛びでたんだんが、馬が逃げ出したと思うて、おおいんの上に乗って、しっかり耳押さえて逃げ出したと。おおいんはたまげて、
「そら、ふるやのもりが上に乗った。はや落とさねけやおごっだいやあ(たいへんだ)」
と思って、どんどん逃げたてが。馬泥棒の方は、
「この馬に逃がしてなるものか」
と馬鹿になって、両方の耳しっかり押さえて、どこまでもつかまっていったと。
 そのうちに、夜が明けて見たれば、おおいんの背中に乗っていたがだと。馬泥棒はたまげて、
「こらまあ、おおごっだ。はや逃げんとおおいんに食われてしもう」
と思って飛び降りたと。そこら見たら、山の炭小屋があったてんが、その炭小屋に隠れたと。おおいんは
「ああ、いかった。ふるやのもりがやっと離れた。もうちっとで、食われるどこだった」
とフウフウようて寝ていると、そこヘサルが来て、
「おおいんどん、なにそっげにフウフウようていらっしゃる」
と聞いたと。おおいんは
「いや、おっかんかった。おれは今、ふるやのもりに食われるどこだった。ふるやのもりは、おれにばれてここまで来た」
サルは
「ふるやのもりってどっげのもんだい、」
と聞いたと。おおいんは
「いや、どっげのもんだか。わからんども、その炭小屋へ入った」
とようと、
「ほうかえ、ほうせば、おれがその炭小屋へ行ってみてくる」
とようて、さるは炭小屋行ったと。その炭小屋のすきまから、長いしっぽ入れて、グルグルかんもしたと。ほうしたれば、馬泥捧がしっぽにしっかりとしがみついたと。サルはたまげて
「ふるやのもりや、許してくれ」
とようて、いっくら引っ張っても離さんかったと。サルは、せつなまぎれにごうぎ引っ張ったら、しっぽが切れてしもうたと。あんまり力いれて引っ張ったんだんが、顔もけつも真っ赤になったと。そっで今でも、しっぽがみじこくて、顔もけつもまっ赤だと。いきがきれた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。