本文へスキップ

サルとカニ【動物の闘争】越後の昔話集

サルとカニ(越後の昔話)mukasi

サルとカニ【動物の闘争】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
サルとカニ

 あったてんがの。あるどこにサルとカニがいたと。天気がいいんだんが、サルがだれか来ないかなあと外へ出ていると、向こうからカニが来たと。
「カニどん、どこへ行く」
とサルが聞くと、
「天気がいいんだんが、山へ遊びに行く」
とようたんだんが、サルも
「おれも行く」
とようて、サルとカニが山へ遊びに行くことになったと。サルは柿の種を拾うたと。・カニはにぎりめしを拾ったと。サルは
「カニどん、そのにぎりめしをおれの柿の種と換えてくれないか」
とようたと。カニは
「おらやだ」
とようろも、サルは
「にぎりめしは食ってしまえば、絶える。柿の種はまいておけば、芽を出して木になる。秋になれば、実がいっぱいなる」
とようんだんが、カニはサルの柿の種とにぎりめしと換えたと。
 サルはにぎりめしを食って山へ行ってしもうたと。カニはその種をまいて、
「早く芽を出せ。出さんと、はさみで切るぞ」
とようて、水をくれてやったと。そのうちに、芽を出したと。カニが
「早く木になれ。ならんと、はさみで切るぞ」
とようてたら、でっこい木になったと。秋には、柿の実がいっぱいなったと。カニが
「だれか、この柿もいでくれるもんないかなあ」
とようたと。ほうしたら、そばのやぶの中からサルが出てきて、
「カニどん、カニどん今何ようたや」
と聞くと、カニは
「この柿うめえげになったんだんが、だれか、もいでくれるもんがいたら、サンザン食わせるし、おらもサンザン食われるがな。そうようた」
「ほうせや、おれがもいでやらあ」
とようて、サルはチョロチョロと木に登ったと。サルは木の上で自分でばっか食ってカニには一つもくれねえと。カニは
「サルどん、おれにも一つくらっしゃい」
とようたと。サルは一つもいで、けつのあっぱつけて、投げてよこしたと。
「サルどん、サルどん、こらきったなくて食わんねえすけ、いいのをもいでくらっしゃい」
とようたら、こんだあ青い大きいもんもいで、カニにねらってぶつけたと。カニのでっこい腹にぶつかってカニの親は死んでしもうたと。腹から子ガニが出て、腹からでた子ガニが悲しがって泣いていたと。そこヘハチにクリにうすに牛のくそが来たと。
「おめえはなんで泣いている」
ときくんだんが、カニが
「サルが青い柿を親にぶつけて殺した」
とようたと。四人が
「ほうせば、おらがサルを殺してやるから泣くな」
とようて、みんなしてサルの家に行ったと。サルの家は留守でだれもいねえてんがの。ハチは水がめの中へ、クリはいろりのなかへ、うすはがんぎの上に、牛のくそは入り口にいたと。サルが家にきて
「ああ、さぶ、さぶ」
とようて、火に当たろうとして、火をたいたと。そうしたら、クリがはねてサルの顔に飛び付いたと。サルが流しの水がめのどこへ飛んでいって、水をつけようとしたら、ハチがチクリと刺したと。サルが
「いてえ、いてえ」
とようて、
「こらあ、家の中にいらんねえ」
とようて、外へ飛び出ようとしたら、牛のくそがあってそれを踏んで転んだと。うすが上から落ちてサルをのり つけしたと。そこヘカニの子が来てはさみでチョキンとサルの首を切ったと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。