本文へスキップ

クマとキツネ【動物の闘争】越後の昔話集

クマとキツネ(越後の昔話)mukasi

クマとキツネ【動物の闘争】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
クマとキツネ

 昔あったてんがの。あるどこに、クマとキツネがいたてんがの。ほうして相談して、山奥で、畑を作ることにしたてんがの。キツネが
「クマどん、おら種買って来るすけ、おめえ、畑を打っておかっしゃい」
というたてんがの。クマも承知して、畑打っているどこへ、大根の種を買うてきたてんがの。キツネは、 「クマどん、この種まいて、葉の方はおめえ取れやれ。根の方はおれが取る」
とようて、クマも
「良かろう、良かろう」
と決めて、ダイコンの種をまいたてんがの。秋になったれば、いい大根ができたろも、クマには葉っぱだけやって、キツネはダイコンをてめえで取って、冬中らくらくと食っていたてんがの。ほうして、また春になったれば、キツネがクマのどこに行って、
「今年もまた、畑作ろうねか。去年と違って、こんだおまえは根の方、おれは葉っぱの方にしょう。葉っぱの方は、べとから上だ」
とようたてんが、クマも
「それでよかろう」
と承知したてんがの。キツネが
「それじゃあ、おまえ畑打ちだ。おれは種買ってくる」
とようて、キツネが買ってきたのは、イチゴだったてんがの。ほうして、葉がでて、真っ赤な実がなったれば、みんなキツネが持っていったてんがの。クマはなんでも食うとこがねえかったと。クマが怒って 「キツネめ、おれにばっか、難儀(なんぎ)させて、てめえは、楽して、いいどこみんな持っていぐ。あんげのもん、もうつき合わねえ」
とようたと。ほうしたれば、キツネがクマのどこへ来て、
「おい、クマどんや、やぶにはちみつがあるすけ、取りに行こう」
とようたら、クマははちみつが好きだすけ、
「はちみつだけりゃ、取りに行こう」
といって、キツネと行ったてんがの。クマがやぶに入ったれば、ハチが一度にブーンと出てきて、クマに向かってきたてんがの。クマが、ハチを手でぼうたり、頭でぼうたり、しているこまに(間に)、キツネははちみつを取って、持っていってしもうたてんがの。それから、キツネはなにも食う物がなくて、またクマのどこへ、来たてんがの。キツネが
「クマどん、何かいいことはないか」
とようと、クマは
「いいことがある。川原に馬がいるすけ、馬を取って食おう。馬の後足てや、弱いもんだすけ、おめえ、馬の後足に食いついてみれ」
とようんだんが、キツネが
「よかろう。よかろう」
とようて、キツネはほんだかと思うて、川原に行って、馬の後足に食いついてみたてんがの。馬の後足は、強いがらすけ、ピンピンとけられて、大けがしたてんがの。 いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。