本文へスキップ

モズとキツネ【動物の闘争】越後の昔話集

モズとキツネ(越後の昔話)mukasi

モズとキツネ【動物の闘争】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
モズとキツネ

 あったてんがの。モズとキツネが道端でぱったり出おうたてんがの。モズがキツネに
「キツネどん、キツネどん、このごろうめえもんにあたりつかんけえ」
と聞いたてんがの。キツネが
「いやあ、うめえもんどころじゃねえ」
とようんだんが、モズが、
「ほうせば、なじだ。今日は、二人で、うめえもん食わんか」
とようたら、キツネが、
「ほうか。なにか、いいことあるけ」
とようと、モズが、
「ほれ、向こうから、魚屋が、魚かたねて(かついで)来たすけ、あの魚取って食おうねか。おれがあの魚屋をたらかして、魚かごをおっぱなして、向こうへつれてゆくすけ、そのすきに魚をとれや。それまで、おめえはこのやぶの中に隠れていれや」
ようと、キツネは
「よしきた」
とようがで、やぶの中に隠れていたてんがね。魚屋が来ると、モズは、手の届きそうな木の枝に止まって、キイ、キイと鳴いていたてんがの。魚屋が
「このモズとってやろう」
と魚かごをそこに置いて、モズのとこへ手を伸ばしたてんがの。モズはパーッとたって、別の木の枝に止まったてんがの。魚屋がそこへいってとろうとしたら、またつぎの枝にたって行くてんがの。そんげのことなんべんもやっているうちに、モズは手の届かないとこにパーッとたっていってしもうたと。魚屋は 「あんげのモズかもうて、こってい手間を取ってしもうた」
とかごのどこへ来て見たれば、魚が一匹もねえがらと。
モズはキツネのどこへ行って
「なじれい(どうだい)。魚とったけえ」
と聞くと、キツネは
「あの魚みんなとってきて、おめえのお陰サンザンん食うたや」
とようたと。モズが
「おめえ、おれの分け前取っておいたかや」
とようんだんが、キツネは
「ああ、おめえのは、骨をいっぺい取って置いた」
とようたと。モズは
「おらあ、骨なんか食わんねえ」
とようて、
「キツネめ、こんだひどい目にあわせてやる」
と思うていたてんがの。
 またさっきの魚屋が魚をかたねて来たてんがの。モズは
「おい、キツネどん、もういっぺん、魚屋をたらかして、魚を食おうか。おめえこんだ杭になって立っていれや。
おれがその上に止まっているすけ」
とようんだんが、キツネは杭になって、モズはその上に止まっていたと。魚屋が来て
「このモズめ、今度はたらかさんねえぞ」
とそこへ魚かごを下ろして、てんびん棒でいせいよくモズをはたいたと。モズはパーッとたって逃げてしもうたと。てんびん棒が杭に当たって、キツネは腰をたたかれて、やっと逃げて行ったと。モズはキツネのどこへ行って
「おいキツネ、どうした」
とようと、キツネは
「おら、腰の骨を折って痛くて痛くてどうしょうもねえ。おおめにおうた」
とようたてんがの。モズは
「ほら見れ、てめえばっか、ひとらでうめえもん食えば、後がおっかねえもんだ」
とようたと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。