本文へスキップ

町のネズミと村のネズミ【動物の闘争】越後の昔話集

町のネズミと村のネズミ(越後の昔話)mukasi

町のネズミと村のネズミ【動物の闘争】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
町のネズミと村のネズミ

 あったてんがの。あるどこへ、町のネズミとざいごう(田舎)のネズミがあったと。ざいごうのネズミが、町のネズミに
「おめえ、おらどこへよばれて来いや」
とようたてんがの。町のネズミがざいごうのネズミのどこへ呼ばれていったと。蔵の中へ連れていって 「さあ、この米おめえの好きなように食え」
とようんだんが、町のネズミはサンザン食ったと。こんだ小屋へ連れていって
「さあ、このダイコンだの、イモだの、ニンジンだの、いっぺえあるんだんが、なんでもいっぺえ食え」
とようたてんが、町のネズミはその野菜もさんざ食ったと。町のネズミは
「おら、おめえの家にきたろも、うめえもんがねえ。こんだおらの家に来いや」
とようて、ざいごうのネズミが町のネズミのどこへ行ったてんがの。町の台所には、いろいろうめえごっつぉがあるてんがの。ごっつぉを食おうとしると、人が戸をガタガタあけるんだんが、たまげて逃げるてんがの。ちっとめて、また台所でごちそうを食おうと思って行くてんがの。ほうしると、家のショが
「どうも今夜は、ネズミがガタガタして、おおごっだいや」
とようて、戸を開けてくるてんがの。ネズミはまた逃げだして、ごっつぉがいっぺいあるろも、人がうるさくて気が落ち着かんで、食う暇がねえ。ざいごうのネズミは
「いやいや、町はごつつぉがいっぺえあるろも、食っている暇がねえ。おらざいごうがいっちいい。ごっつぉはなくても、食うものはいっぺえあるし、らくらくしていられる」
とようて家に帰って来たてんがの。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。