本文へスキップ

ワラとスミとサヌキマメ【植物の由来】越後の昔話集

ワラとスミとサヌキマメ(越後の昔話)mukasi

ワラとスミとサヌキマメ【植物の由来】

―高橋ハナ昔話集―より | おもしろい新潟県の昔話

 
ワラとスミとサヌキマメ

 あったてんがの。あるどこに、ワラとスミとサヌキマメがあったと。三人して京参りに行ったてんがの。ズンズン行ったら、川があったと。その川には橋がなかったと。
「困ったねか。橋がなくて行くことができない」
と三人で困っていたと。そうしたら、ワラが
「心配しんな。おれが長いすけ、向こうのはじまでかかるすけ、そうしたら、おれの橋の上を渡って通れ」
スミとサヌキマメが喜んで
「それじゃあ、なじょうもそうしてくれ」
とようて、ワラが橋になったと。スミが
「おれがいっち先に渡る」
とようて渡ったと。真ん中ほどにいったら、スミに火が起きて、ワラに燃え移ったと。ほうしてワラとスミが川の中へ落ちて、流れていってしもうたと。そうしたら、それを見ていたサヌキマメが、あんまりおかしいんだんが、でっこい口を開けて笑ろうたと。そうしたら、腹の皮が切れてしもうたと。
「腹が痛くておごっだ。腹が痛くておごっだ」
と泣いていたと。そこへきれいな娘がきたと。
「マメ、マメ、おまえなんで泣いている」
と娘が聞いたと。マメは
「あんまりおかしくて笑うたら、腹の皮が破れて痛くておごっだ」
とようたと。娘が
「ほうせば、おれが縫うてくれる」
とようて、黒い糸で縫うてくれたと。その時の黒い糸の縫い目が今も残っているのだと。腹が痛くて下向かれねえで、上ばっか見ているんだんが、ソラマメとようたのだと。いきがさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の販売について■

越後の昔話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 高橋ハナさんをはじめ、新潟県の名人級の語り手たちの昔話を収録したCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 高橋ハナさんの昔話など新潟県の昔語り名人CDの内容・お申込みは、「越後の昔話名人選CD」サイトからどうぞ。 リンク先が別ウィンドウで開きます。
 
お求め

書 名 『ムジナととっつぁ―高橋ハナ昔話集―』 越路町史編集委員会民俗部会/編
頒価 1400円 (残部僅少)

・ご購入の申込みや内容のご質問は高橋実(0258-95-2340)まで。
・メールアドレスは、111(迷惑メール防止のため画像です)
・その他お問い合わせは、越路支所地域振興課教育支援係(0258-92-5910)まで。