本文へスキップ

姥の皮着た娘 | 長岡市の民話

姥の皮着た娘(越後の昔話)katari

姥の皮着た娘

『越後山襞の語りと方言』より | 長岡市の民話

 
姥の皮着た娘

 とんと昔があったげろ。ある村に金沢の権三郎(1)みてえの旦那様の家があったと。そこのお嬢さんが乳が足らんで乳母をたのんだと。そのお嬢さんをぶってたなのはたで遊んでいたら、たなの中で、へっびががえるを飲もうとしていたと。乳母はかわいげになったんだんが、「へっびや、そのがえる飲まんけや、このお嬢さんがでっかなったら嫁に行ぐが」というたら、へっびはそのがえるを逃がしてやったと。お嬢さんが、十七、八になったどき、へっびがいい男になって嫁をもらいにきたと。家の衆がおおごとがって、娘に、「へっびのどこへ嫁にいぐか、どうしるや」と聞いたと。娘は「親のいうことはなんでも聞くろも、頼みがある。針千本と、ふくべ一つくれてくんねか」というんだんが、家じゃ大急ぎで娘のいうがんをそろえてやったと。へっびはいい男になって、娘の荷物をかついで、先になって歩んでいったと。そのうちに黒姫様の沢みてえのどこへ、でっけえ池があって、「これが俺の家ら」というと、池の中から亀や鯛が、軍配うっつあを持って迎えに来たと。いんな中にはいってから、娘がもってきた、ふくべと針を投げたら、その池が血の海になったと。
 家に戻ってみると、家もなんもなくて、しんたくの家が一軒残っていただけだった。その家の衆に「おらの家はどうしたい」と聞くと、「山のげ(2)の下になっていんな死んだ」というだと。仕方がねんだんが、娘は一人で、沢通ったり峠越えたりして歩いていたと。ほうしたら、遠くの方にテカンテカンと灯りが見える。これは助かったと思ってその灯めがけてゆくと、家があって婆さまがいたと。「ひとばん、泊めてくらさい」とたのんだと。「泊めてやってもいいろも、ここは鬼の家でおそくなって、鬼が帰ってくるんだんが、鬼の来ねえうちに、籠に入れて、てっじょうにあげるが、それでもいいか」というんだんが、娘も承知して、天井にあげてもらったと。日が暮れて、おそくなって鬼が帰って来て「婆さま人臭いがだれか泊まらんかったかい」と聞いたろも、婆さまは、「そっげのことはねえ」としらばぐれていた。
 次のあさげ、鬼は、朝飯食って出かけていったと。鬼がいってから、婆さまは娘にまんまをどうろ食わしてから「おれがばばの皮をくれるすけ、それをかぶって行けば、なんに会うてもおっかんねえ」というて、婆の皮をくれたと。山を越えたり、沢を通ったりして行くと、途中鬼が仕事していて、娘をめっけて、「おい、いい女が来たねか」というて、そばへ寄ってくるろも、婆さまだったんだんが、「あきたな、婆さまか」というて逃げていったと。
 娘は江戸に向けてずんずん歩いて行ぐと、途中で日が暮れてしまった。そこへごうぎな大尽様の家があったんだんが「こんばんは。おれを飯炊きにつこうてくんねか」とたのんだと。ほうして飯炊きに使うてもらうことになった。だいぶ日がたって、その村へ芝居がかかったと。そこの家じゃ、昼湯をたって家中して入り、煮しめのごっつおを持って出かけていったと。娘も、急に芝居が見たくなってばばの皮を脱いで、「たった一幕でいいすけ、見てこう」というて出かけ、木戸口で見ていたと。一幕がおわると、すぐ家に帰って、留守居していたと。あとから家の衆が帰ってきて、夕飯食っているとき、「今日の芝居はおもしかったのう」「それにしても木戸口の娘はどこの娘だろう」「あっげないとしげな娘見たことがねえ」と話していたと。娘は、小屋の中で、ばばの皮脱いじゃ、灯りつけて本見ていたと。それを夜遊びから帰ってきたあんさが見つけて、きれいな娘だったんだんがたまげて、毎晩見にいったと。ほうしてあんさまが見初めて、そこの家のあねさになったと。いきがすぽーんとさけた。
【出典】『榎峠のおおかみ退治―越後小国昔話集』小国芸術村友の会編 平成十二年刊 より要約
【注】1.金沢の権三郎(小国の豪農山口家のこと) 2.山のげ(山崩れ)
【解説】
 この話は、前半は、蛙報恩と言われている異類婚姻潭に分類される。蛇に嫁入りした娘は、「姥皮」をもらう事で、危機を逃れ、幸福を手に入れる事が出来る。ここでは、はっきり書かれていないが、「姥皮」をくれたのは、蛇に飲まれようとして助けてやった蛙としているところもある。後半は、姥皮の効用で大金持ちの息子と結婚し、幸福を手に入れるという継子いじめ「粟福米福」を連想させる。この話は、これら二つの話が統合されて出来たものといわれている。確かに、蛇に嫁入りした娘が蛇の嫁を逃れる場面と、婆さんの家で、姥皮をもらい、それがきっかけで幸運を手に入れる場面がうまく繋がらず、木に竹を接いだような不自然さが残る。金持ちの家の嫁になった娘は、継子の粟福だったという西洋のシンデレラ型の話となっている。先にこの欄で紹介した「宝手拭い」のように直接幸福をもたらす呪的宝物ではなく、娘を変身させて間接的に幸福に導いてゆく話である。


 
お求め

<本の事項>
越後山襞の語りと方言
著者名 高橋 実/著
出版社 雑草出版
出版地 長岡
出版年 2007年
定 価 2200円+税
ISBN 4-903854-00-7

越後山襞の語りと方言

・ご購入を希望の方は高橋実(0258-95-2340)までお問い合わせください。

 

■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の頒布について■

越後の昔話名人選CD
 本書に収録された昔話の多くを、新潟県の名人級の語り部により収録されたCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。―昔話CD販売サイトのご案内―
『越後の昔話名人選CD』の内容・お申込みは、こちら。
 ※昔話CD販売サイトが別ウィンドウで開きます。