本文へスキップ

サルの生き胆 | 長岡市の民話

サルの生き胆(越後の昔話)katari

サルの生き胆

『越後山襞の語りと方言』より | 長岡市の民話

 
サルの生き胆

 あったてんがの。あるどき、竜宮の、乙姫さまが、病気にならしたてんがの。さまざまの、くすりをのみなさるども、いっこと、なおらねえてんがの。ほうして、こんだ、サルの生きぎもをのめばじっき(1)なおるてがで、「あの海ばたの松の木に、サルがのぼっているすけ、カメ、お前いって、サルをたらかしてつれてこい」と、いいつけらったてんがの。ほうしるんだんが、カメは、サルのどこへいって「サルどん、サルどん、お前、こんげなどこにいて、なに食ているがら。海の竜宮というどこへいぐと、んまいもんがいっぺあるすけ、いがねえか」「そうか、おら、そんげなどこへいってみたいと、おもうども、なんねせ、泳ぐことがならん」「いや、だけや、おれの背中に乗れや」ほうしてサルは喜んで、カメの背中に乗って、竜宮へ行ったてんがの。ほうして、サルは、んまい、ごっつおを、いっぺ、してもろて、いい気になって、遊んでいたてんがの。ほうしてある日、クラゲが、「おい、サルどん、お前、そんげにいい気になって遊んでいるども、ごっつおを食わせらって、生きぎもを取らっるがら。乙姫さまの病気の薬に、お前の生きぎもを取らっるがら」というて、きかしたてんがの。サルは、「それや、おおごとだ。こんげなどこにいらんねえ。なんとかして、逃げんばならん」と思て、オイオイオイと、泣くまねをしていたてんがの。ほうしたれば、カメがたまげて、「おうい、サルどん、サルどん、なに泣いているがら」「おら、海ばたの松の木に、きもをかけて、干してきたが、夕立が降ってきそうげだ。夕立にあえば、腐って(2)しもうすけ、泣いているがら」ほうしたれば、カメがたまげて、「そうか、それや、おおごとだ。その生きぎもを、取り込んでこんばならん。おれの背中にばっれ(3)や」というたてんがの。ほうして、サルは、カメにばれて、陸へついて、松の木にあがったきり、いっこう降りてこねえてんがの。ほうしるんだんが、カメが気もんで、「おうい、サルどん、サルどん、はや、生きぎもを取り込んで、下へおりてこいや」というども、「ばかカメ、身をはなれた生きぎもなんて、あるもんだかや。おら、松の木に、きもなんて、干してないがら。おれこと、だまして、よくも竜宮へつれていって、生きぎもを取ろうとしたな。 おら、もう、竜宮へは行がねえ」というんだんが、カメは、仕方がねえ、帰って来たてんがの。ほうして、クラゲは、サルにきかしたてがで、骨抜きにされて、いまで、骨なしだてんが。カメは背中を割られて、いまで、その傷痕が、甲羅に残っているてんがの。いきがポーンとさけた。
【出典】『赤い聞き耳ずきん』野島出版 昭和四十四年刊 下條登美さんの語りより
【注】1.じっき、(すぐに) 2.腐る(濡れる) 3.ばっれ(おんぶしな)
【解説】
 「猿の生き肝」「くらげ骨なし」ともいわれる民話である。くらげの骨なしの「なぜ話」になっている。この話は、長岡でも高橋ナオさん、笠原正雄さんも語っている。ナオさんの話は告げ口したのは、クラゲではなく、コンペ(ひらめに似た魚)となっている。この話は、北海道アイヌから沖縄まで全国的に広がっている。それのみならず、東西アジア、チベット、朝鮮、東ヨーロッパ、アフリカ、南アメリカまでひろがり、全世界に分布している話という。この話の原型は古代インドの仏教説話集「パンチャタントラ」の中にも出てくる。この中では、サルとワニが友達になり、ワニの奥さんがそれをねたましく思う。奥さんは病気でサルの心臓を食べれば直ると医者にいわれ、夫に頼んで、サルをだまして、ワニの家に招待して、殺そうとたくらむ。その途中ワニは妻のためにサルの心臓をもらいたいと打ち明ける。サルはワニの謀略をきいて、心臓は木の根元にしまってあると告げる。取りに戻ると、サルはたちまち、木に跳び移り、ワニの悪口をたたく。ワニは悲しそうに戻ってゆくという話である。この説話をルーツにして話が世界中に広まったとも言われるが、アイヌや琉球など仏教とは縁の薄い地方にもあることを考えると、真相は不明である。日本の文献では、平安時代に『今昔物語集』に類話があるという。妻のカメが懐妊して生肝をほしがったため、夫のカメがサルをつれてゆく話。この原典を確認できないでいる。これら漢訳仏典に類話が見られることから仏典を介して日本には、広まったものといわれている。
 この話の中心は、自分が連れてこられた理由を知ったサルが、いかにカメをだまして、危機を逃れるか知恵を働かせるところにある。生き胆の真実を知らなかったカメの愚かさを笑う話でもある。
 サルの肝とは、猿の胆嚢を干したもので、万病に効くといわれている猿の肝はよく知らないが、熊の肝は万病に効くといわれていて、肝一匁が金一匁とも言われていた。熊撃ちには、できるだけこの肝を傷つけずに熊を撃つかがコツともいわれる。


 
お求め

<本の事項>
越後山襞の語りと方言
著者名 高橋 実/著
出版社 雑草出版
出版地 長岡
出版年 2007年
定 価 2200円+税
ISBN 4-903854-00-7

越後山襞の語りと方言

・ご購入を希望の方は高橋実(0258-95-2340)までお問い合わせください。

 

■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の頒布について■

越後の昔話名人選CD
 本書に収録された昔話の多くを、新潟県の名人級の語り部により収録されたCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。―昔話CD販売サイトのご案内―
『越後の昔話名人選CD』の内容・お申込みは、こちら。
 ※昔話CD販売サイトが別ウィンドウで開きます。