本文へスキップ

化け物寺 | 長岡市の民話

化け物寺(越後の昔話)katari

化け物寺

『越後山襞の語りと方言』より | 長岡市の民話

 
化け物寺

 あったてんがな。山のふもとの村へ、晩方、旅の坊さまが、フラリときて、「こんにゃ一晩泊めてもらいたいが」と聞いたんだんが、村のしょが、「村の裏山に、荒れ果てた古寺があるども、毎晩、化物がでて、住むもんも、泊まるもんもない」と言うたれば、「おれがそこへいって泊まろう」と言うて、寺へでかけていった。寺は、ごうぎなあれ寺だども、経机も高座もあった。坊さまは、ローソクをつけて、経机にねまってお経を読んでいた。ほうして、夜なかになったれば、東の方からなまぐさい、おかしな風が吹いてきて、ドタンと何だ落ちる音がした。坊さまが、ヒョイと見たれば、髪を振り乱しや、長い顔の化物がいた。「お前は、なにもんだ」「トウゲンノバズ」「なに、トウゲンは東の原、バズは馬の頭。さては東の方にある原の、馬の化け物か」というて、坊さまが、南蛮鉄の錫杖で、コツンと化物をたたいたれば、ギャッとうなって、逃げてしもた。坊さまがまたお経をよんでいたれば、南の方からフワフワと風が吹いて、ドタンと音がした。みたれば、こんだ、口が耳までさけた、おっかなげな化物がきた。「お前は、なにもんだ」「ナンチノタイリ」「なに、ナンチは南の池、タイりは大鯉、南の池にいる大鯉の化物か」というて、また南蛮鉄の錫杖で、コツンと叩いたれば、ギャッとうなって、逃げてしもた。またもお経をよんでいたれば、またも西の方から風が吹いて、ドタンと音がして、こんだは、口ばしのとがった、頭のまっかな、おっかなげな化物がきた。「お前は、なにもんだ」「サイチクリンノケイ」「なに、サイチクリンは西の竹林だし、ケイは鶏だ。西の竹林にいる鶏の化物か」と、坊さまが、なんばん鉄の錫杖で、コツンとたたいたれば、ギャッとうなって、逃げてしもた。また、お経をよんでいたれば、こんだ、北の方から、風が吹いてきて、ドタンと音がして、角のはえた、でっこい目だまの化物がきた。「お前は、なにもんだ。」「ホクソウノギュウズ。」「なに、ホクソウは北の葬礼場だし、ギュウズは牛の頭だ、北の葬礼場にいる牛の頭の化物か」と、錫杖でコツンとたたいたれば、ギャッとうなって、逃げてしもた。
 「はて、これで、東西南北の化物はンな出たが」とおもて、お経をよんでいたれば、やっぱし、天井から風が吹いてきて、ドタンと音がして、さい槌に毛が生えたような化物が、チョコチョコときた。「お前は、なにもんだ」「サイテンコボシ」「なに、サイテンコボシだと。サイテンは在天で、天井にいるやつだな、コボシは小法師で、さい槌(1)だ、天井にいるさい槌の化物か」と、錫杖で、コツンとたたいたれば、ギャッとうなって逃げてしもた。坊さまは、それから、そのまんま眠った。朝げになって、村のしょが、「よんべなは、化物がでんかったの」「いや、出た、東からも西からも南からも北からも、天井からも、さまざまな化物が出たども、その正体をあてたら、ンな、逃げていった」村のしょが、血のあとをたどって、東の原へいったれば、血だら真っ赤の、馬の首が、目をギョロギョロさして、苦しんでいたんだんが、そいつをたたき殺した。西の竹林の中をさがしたれば、こをふいた(2)鶏が、とかさを血だらまっかにして、ウンウンうなっていたんだんが、とり汁にして食うことにした。南にある古い池の中には、でっこい鯉が、あおのけになって、フラフラと浮いていた。それをとって鯉汁をすることにした。北の葬礼場をさがしたら、年の頭が、血だら真っ赤になって、苦しんでいた。そいつもたたき殺した。いっちしまいに、寺の天井をさがしたれば、古ぼけた、さい槌の化物が、ウンウンとうなっていたんだんが、たたきこわして、火に燃やしてしもた。これで、化物どもは、ンな、退治され、旅の坊さまは、村のしょの頼みで、それからは、寺の和尚さまとなって、村に住みついたと。いきがポーンとさけた。
【出典】『いきがポーンとさけた』水沢謙一編 未来社 旧越路町 小野塚キタさんの語りより要約
【注】1.さい槌(木槌) 2.こをふいた(歳とって、老檜な)
【解説】
 「化物問答」とよばれる話である。化物の正体を命名によって、見破り、それで魔力を失う。 ことばには、霊魂が宿っているという言霊信仰がある。今ケータイのメールなど言葉が軽視される時代なのではなかろうか。それにしても、ここでは、「ナンチノタイリ」が「南池の大鯉」であったり、「サイチクリンノケイ」が「西竹林の鶏」など、漢音が頻繁に使われている。これを理解できるには、かなり漢語の知識を必要とする。民話の結語を越後では「イキがさけた」といい、山形では「トービント」という。「一期栄えた」「掉尾」からきているというが、漢語は仏教を通して庶民化されていったといえよう。


 
お求め

<本の事項>
越後山襞の語りと方言
著者名 高橋 実/著
出版社 雑草出版
出版地 長岡
出版年 2007年
定 価 2200円+税
ISBN 4-903854-00-7

越後山襞の語りと方言

・ご購入を希望の方は高橋実(0258-95-2340)までお問い合わせください。

 

■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の頒布について■

越後の昔話名人選CD
 本書に収録された昔話の多くを、新潟県の名人級の語り部により収録されたCDを頒布しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な民話資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。―昔話CD販売サイトのご案内―
『越後の昔話名人選CD』の内容・お申込みは、こちら。
 ※昔話CD販売サイトが別ウィンドウで開きます。