本文へスキップ

1980(昭55年)年賀状 | 高橋実の本棚

元旦年報(年賀状)New Year's card

元旦年報 1980(昭55年)1月1日 1号

 

元旦年報
■結婚十周年を祝う
実・茂子は昨年四月結婚十周年を迎え盛大な記念式典を挙行した。二人の子供をつれて上京、飛行場や今はなきランランを動物園で見学した。一彦はこの晴れ姿をカメラにおさめ、実知世は二人のあつあつぶりをひやかした。

■多忙を喜ぶ
実はこのところ日曜日に家にいたことがないほどの多忙ぶり。秋山記行論執筆、秋山郷案内、新潟県史調査員、町俳句大会投句所、田島峠を越える会事務局、新潟の伝説執筆、新潟民俗学会発表などなど。本人はその多忙を喜んでいるようす。

■タイプレスを購入
茂子はタイプレス一式四十万円をはたいて購入。いよいよタイプも本格化するけはい。料理の方はスクーリングで上京。とうとう実の体重の七キロ減量成功。またママさんバレーでは迷アタッカーとして活躍。最近物忘れがひどくなり老化をなげいている。

■科学研究で学校代表
一彦は夏休みの科学研究でとうとう念願の学校代表となった。題材は省エネ時代を先どりした「太陽熱利用の風呂」校内マラソン学年四位、剣道大会五位と親に似ない子と父をおどろかしている。

■四月から一年生 実知世は保育園二の身長をほこりランドセルも買って、あとは学校へはいるだけ。あまり元気すぎて足に竹がささり四針ぬうけがをする。

年賀状の画像はこちら