本文へスキップ

2008(平成20戌子)年1月1日年賀状 | 高橋実の本棚

元旦年報(年賀状)New Year's card

元旦年報 2008(平成20戌子)年1月1日 27号

 

元旦年報
■出版「越後山襞(やまひだ)の語りと方言
 十一月実の勤めるあかつき印刷(雑草出版)より昔話の語りの本を出版。A五版二百二十頁 二千二百円+税。

■右肩痛み半年間
 実は四月下旬右肩に痛み、枕を低くして寝られず、整形外科に受診頚椎椎間板ヘルニアの診断。治療とリハビリに通い、十一月初旬漸く治癒。

コンクリート隙間から生えた秋の土根性朝顔
■初めての山登り
 茂子は、妹達に誘われて角田山・苗場山に登る。自分の足で進むという実感がいい。いきいきサロン・けんこう体操で地域の人との活動を楽しんでいる。孫三人にかわいい声で「ばあちゃん」と呼ばれるときが一番幸福。

■県内民話語りグループ連絡協議会を立ち上げる
 実は、十月末、県内の昔話語りグループ組織化を呼びかけ、百一人が当日参加。組織的動きは新しい年度から。

猫のタキ ■猫のタキ忽然と姿消す
 十二年住み続けた猫のタキ、四月末忽然と姿消す。同居ユキ、薄情しらんぷり。合掌。

年賀状の画像はこちら