本文へスキップ

2018(平成30戊戌)年1月1日年賀状 | 高橋実の本棚

元旦年報(年賀状)New Year's card

元旦年報 2018(平成30戊戌)年1月1日 36号

 

元旦年報
■各地で民話・講演29回 元気づく
 昨年の語り・講演で各地を回る。小国公民館・長岡民話の会など次々と要請やらボランテイア出演など29回になった。語っていると聞く人の反応が楽しい。

ハルビン空港にて

■長岡新聞コラム担当
 平成二十八年11月から「長岡新聞」コラム「悠久録」を共同執筆、その数50回を越える。毎回645字の文字数をどのようなテーマで埋めるか。これも脳の活性化に役立っているか。

■『妻との旅』計画するも頓挫
 毎年実施している妻との旅山陰地方を計画するも、去年は妻の体調不良にて実施できず。妻はすっかり回復。ことしこそ実施したい。

■五人の孫たちと喜寿祝い
 昭和十五年(1940)年生まれの喜寿を迎え、子や孫たちと蓬平温泉で喜寿の祝いをしてもらう。八十歳の傘寿まで手の届く所に来る。果たして傘寿まで元気でいられるか?

■八石山頂で「豆の木」伝説語る
 十月小国小学校高学年と八石山へ登り、頂上で「豆の木伝説」「弥三郎婆さ伝説」語る。

年賀状の画像はこちら