本文へスキップ

昔の子供の遊びを語る/雪解けのころ | へんなか

昔の子供の遊びを語るhennaka

へんなか 座談会 「昔の子供の遊びを語る」雪解けのころ

昔の子供の遊びを語る/雪解けのころ

出席
竹部 一郎 二本柳(明40生)、北原ハツエ 太郎丸(大7生)、北原 テイ 太郎丸(大3生)、中村 ミツ 新町(大14生)、田中 久次 相野原(大12生)、峰村  誠 上谷内(昭16生)、松田  薫 法坂(昭16生)
進行・写真/山崎 正治 法坂(大14生)、竹部 勇 相野原(昭2生)、高橋 実 楢沢(昭15生)
時 平成元年11月8日(土)
所 町就業改善センター

 

 雪解けのころ

松田 川のはたへ、花とりにいきました。めくらしょうぶ、しょうじょうばかまを見つけるのがうれしくて。
竹部(一) めくらしょうぶは、茎のところを吹くと草笛のような音がしました。あれが、春のよろこびだったようです。ボンボン草で、ままごとは、男の子もやりました。つくしなんて、ことばは、教科書に出ていたから、よぶようになったので、つくしんぼといったかな。
山崎 ひみずという清水の出ているところでつくしをとった。川といっても大きな川でなくて。
中村 そこで、かやんぼ削って、十字にして水車つくりました。けっこうよく回ったものです。
北原(ハ) 野田には、清水が出ているところがあって、そこだけ道に雪がなく、子供はそこが一番の遊び場でした。小川にセリとりにいったもんです。
高橋 橋の上などが遊び場だったんじゃないですか。
田中 ジャンケンとびといった遊びがあってね、二人組になっていて、ひとりは、ジャンケン専門、もう一人は、大股で跳ぶ専門、いしで勝ったときは四歩、はさみは八歩、ふろしきは二十歩進めるというんです。
峰村 石段でもやりましたよ。人数が少ないときは、跳ぶ人だけで、ジャンケンしながらとんだ。
北原(テ) かくしっこなんて遊びがありました。丸をかいて、じゅず玉、いちょう、おはじきをうめて、土をかぶせて見えぬようにしておく、他にも掘った穴をいくつかつけて、掘る回数をきめておくんです。その中で、埋めた宝を捜して当てなくちゃならない、今の宝捜しと同じです。
田中 そういう遊びは、したことがなかったな。
高橋 その遊びは、片桐与三九さんからきいたことがあります。
北原(テ) とにかく、土が恋しいんです、長い間雪の下になって、土で遊びたいんです。お宮さんの境内でやりました。
山崎 そういう遊びは、下(しも)では、やらなかったようです、土の上でパッチをやった。パッチは、名人でして、タネが一枚あればたちまた二十枚くらいとって、他の人に敬遠されたりしました。家に帰って、枚数を数えるのが楽しみでして。
北原(テ) 私たちは、丸跳びをやりました。地面に丸を書いて、片足でその中をとぶんです。棒一本で出来るんですから。
松田 屋根にフトンが干してあって、そのフトンの上で、千代紙遊びや、着せかえ人形をして遊びました。
高橋 日光写真などやったのではありませんか。
山崎 やった、やった。自分でタネ版つくってやった。白黒が反対になる。
竹部(一) あれは、市で買ってきた。
山崎 印画紙は、自分で作れないから、どうしても買って来なくっちゃ。
田中 新町の店、下やしきで買ってきた。
峰村 針金の輪回しをしました。針金の輪でまわしたり、自転車のリュームの溝に棒をあててまわしたり。
山崎 あれなんか、今もおもしろいと思うけど、たたいて回すやり方もある、あれも雪消えのころの土の上の遊びです。
竹部(一) こままわしもした。べとの上でまわすんです。金の輪をまきつけて、二つのこまをぶつけあったりする遊びです。
中村 女の子は、お手玉でしたね。おはじき、穴入れでした。穴をほって、数珠玉をはじいて入れる遊びです。(じゅず玉遊びの実演)
北原(テ) 数珠玉は、このごろ、見なくなりましたね。
田中 一本から、すごくいっぱい実がなる、あれも遊び道具のひとつですね。
山崎 穴入れは、昔の体育館の床の節穴を利用したり、外へ出れば地面に穴を掘ってやっていた。たいてい、巾着(きんちゃく)の中に、いちょうや、数珠玉を入れて、もち歩いていました。勉強の道具を忘れても、これだけは忘れずというくらいに(笑)
北原(テ) あやとり、お手玉なんかもしました。今そのお手玉が出来なくなってしまって…(松田さん、お手玉、あやとりの実演)
松田 山、川、柳、馬の目、鼓となるでしょう。これはひとりのあやとりで、人からとってもらうのもあります。川から鼓、柳となります。ひとりの時でも、仲間がいてもいろ んなことができる。
北原(テ) これがアネサマ人形 (人形をとり出す)これに着物を着せて遊ぶわけです。
中村 これが 十六まわり(道具をとり出す)
山崎 おらは「牛追い」といった。真ん中の大きいのが牛で、まわりが馬、牛は両天びんで馬をとってゆき、馬は牛を追いつめてゆき、牛が動けなくなると馬の勝ちとなります。
竹部(一) 今のオセロのもと、西洋のピョンピョンというのも同じものでないか。
司会 凧揚げは。
山崎 あれは、しみ渡りのころ、雪が固くなったころ揚げる。そのころ午後になると必ず川風が出てきてよく揚がったものです。山ん田の生紙(きがみ)を使って、竹をけずり、色も塗って、全部自分で作ったものでした。
 ザイボリという遊びがありました。川に雪を積んでせきとめておき、一度にどっと流す。それがおもしくてね。

 

◆お読みになりたい方は、お近くの図書館でお読みになることができます。