本文へスキップ

特集:八石山 八石山はわれらが庭 1 | へんなか

座談会 八石山はわれらが庭 1hennaka

へんなか 座談会 「八石山はわれらが庭 1」

八石山はわれらが庭 1


八石山はわれらが庭
出席  中村哲四郎 八王子(T15・2生)
    飯田 秀雄  〃 (T9.5生)
    飯田 弘二  〃 (T15.1生)
    中村 由二  〃 (S3・1生)
    安沢 欽一 〃 (T12・6生)
    中村 基之  〃 (S30・1生)
友の会 永見 恒太 下村(M43.12生)
司会  山崎 正治 法坂
    高橋 実 楢沢
    松田 薫 法坂

 時  平成三年五月二十五日
 所  八王子公民館にて

山崎 本日は、お忙しいところお集まりいただきありがとう ございます。私共友の会では、「へんなか」という機関誌 を発行しておりますが、次の第八号に、八石山の特集を載せたいと思いまして、今日お集まり願ったわけです。八石山のことは、地元八王子の皆さんが一番よく知っていると思いまして、「八石山はわれらが庭」というタイトルにしたわけです。よろしくお願いいたします。
高橋 四月二十八日、私達の四人は、飯田弘二さんのご案内で、八石山に登ってまいりました。行くときは、八王子の真中からあがり、帰りは、ステーキハウスの方へ下りてま いりました。その経験をもとに、みなさんのお話をお聞きしたいと思います。まず、自己紹介からいきましょうか。
山崎 私は、山崎正治といいます。法坂へ住んでおり、友の会の会長ということで、いろいろおせわになっており ます。何分にもよろしくお願いいたします。
高橋 楢沢の高橋実です。芸術村友の会の事務局を引き受けまして、今年は、五年目にはいりました。「へんなか」もことし中に、九号まで出したいと思っております。おせわになります。
松田 法坂の松田薫です。友の会の役員をしております。この度、三十年ぶりに八石山に登り、いろいろなお話をお聞きして、勉強させていただきました。よろしくお願いいたします。
永見 横沢の永見恒太と申します。町の文化協会を担当させてもらっていますが、友の会の顧問ということで、山崎会長、高橋事務 局長の熱心さにひきづられて、何かお手伝いできればと思っております。先日、八十歳になって、初めて、みなさんに連れられて八石山の頂上を踏みました。子供のころから、八石山の弥三郎婆さをたとえにして、大人にしてもらいました。お礼申し上げます。よろしくお願いいたします。

  八石山への思い
飯田(秀) 七年間総代として、前々から八石山開発を念願してきましたのですか、ようやく町の予算づけがなされました。八石登山道の整備もできほっとしているところです。これからは八石山をめぐる一周ルートをつくりたいと念願しておるところです。婆石へゆく道もつくりたいし、八石城趾へゆく、七百メートルの登山道も開発したいと思っております。飯田秀雄です。よろしくお願いします。
中村(哲) 八王子の中村哲四郎です。昭和二十二年、山横沢時代から役場におせわになり、小国村へ合併し、小国町になり、昭和六十年退職まで三十八年間役場におせわになりました。退職いたしましてから、三反五畝の田を耕して汗を流しつつ、一方では八王子の昔のことを知りたいといろいろ調べております。温故知新の言葉を大切にしながら、先祖の人々がいかに苦労して今日あったかということを語り伝えたいと思っております。東京八王子会でも、昔のことをお話してゆきたいと思っております。これらの機会を生かして勉強していきたいと思いますので、ご援助、ご協力をよろしくお願いいたします。
飯田(弘) 八王子の飯田弘二でございます。先日、友の会の皆さんに頼まれ、不自由な足で杖にたよりつつ、道案内をかねて八石山に登ってまいりました。八石山の麓に耕地をもっており、山への関心がないというのは、うそになりますが、六十余年、どれほどのことも知らずに過してまいりました。今日の座談会を機会に地元として、八石山をあらためて知りたいと思います。よろしくお願いいたします。
中村(由) 私は、ものごころつく頃から、家族とともに桝形や御岳山の麓に、耕作の手伝いをしつつ、山をかけめぐっていましたので、そんな思い出を通して、何か参考になればと思い、この座談会に出させてもらいました。八王子の中村由二です。よろしくお願いいたします。
安沢(欽) 私は、安沢欽一です。昔からこの八石山、八王子がなつかしく、今だにここにとどまっております。よろしくお願いします。
(中村基之さんは、話の途中より出席)
山崎 ありがとうございました。それでは、皆さん、堅苦しくならず、気楽に何でも、思いついたことを話していただきたく思います。皆さんは、小さい時から八石山の麓でお育ちになったので、いろいろな思い出があろうかと思います。そのようなことからお話願いたいと思います。伝説、動物、植物、仕事、牧場、古い道、信仰、あるいは石油井戸のことなどいろいろお聞きいたしたいと思います。よろしくお願いいたします。

1 >  >  >  >  > 


→ 『へんなか 第八号 特集:八石山』目次のページへ

 

◆お読みになりたい方は、お近くの図書館でお読みになることができます。