本文へスキップ

小国の名力士を顕彰する会 | 高橋実の本棚

小国の名力士を顕彰する会rikishi

小国の名力士を顕彰する会

小国の誇る二人の力士の業績を顕彰する

小国の名力士を顕彰する会概要

小国の名力士を顕彰する会
小国郷は幕末から明治にかけて二人の名力士を輩出した。
この柏戸宗五郎改め七代目伊勢ノ海、六代目両国梶之助の業績を顕彰する。
 ■ 設 立  平成23年8月6日

会 長 大橋 義治
副会長 樋口 章一  大久保 重嗣
事務局 高橋  実

会 員 95名

<問合せ先/連絡先>
〒949-5332 新潟県長岡市小国町上岩田524-1 高橋実方
電話 0258-95-2340 FAX 0258-95-5034

小国の名力士顕彰会は、顕彰碑の完成により、平成24年度で解散し、事業のすべてを小国文化フォーラムに移しました。以下25年度小国文化フォーラムの事業の一部です。

平成25年度実施事業

4月7日(日)午前11時
 田子の浦親方を迎えて:両力士顕彰の集い
  力士顕彰碑前 14名参加
4月13日(土)
 大相撲伊勢ノ海部屋「勢関」小国訪問
  力士顕彰碑献花 80人出席
6月13日(木)
 大相撲伊勢ノ海部屋「勢関」小国訪問
  小千谷の相撲遺跡めぐり 大橋・樋口・片桐・高橋参加
10月10日(木)
 東京江東区萬徳院 伊勢ノ海墓地参拝
  参加者 大橋・樋口・広井・片桐・高橋参加
12月15日(日)
 力士の会三役納会
  大橋義治宅 6人参加
記録写真(「萬徳院 7代伊勢ノ海墓・位牌」、「大相撲幕内力士・勢翔太関」小国訪問時の記念写真」、「盛況の相撲場の錦絵」を掲載。)

実績

  • 平成24年 名力士顕彰碑建立と相撲講演会(広井忠男氏)実施
    • 顕彰碑除幕式の様子をご報告します。
      名力士顕彰碑除幕式集合写真

      小国の名力士顕彰碑除幕式集合写真 H24.11.4

  • 平成23年 合併市町村住民組織活性化支援補助事業 100万円

小国の生んだ名力士顕彰碑建立募金
  終了しました。御蔭さまで立派な顕彰碑が建ちました。

小国の名力士を顕彰する会会長 大橋義治(前小国町長)

 山深い小国郷は幕末から明治にかけて二人の名力士を生み出した。上岩田出身の柏戸改め七代伊勢ノ海(1810〜1886)、小栗山出身の六代目両国梶之助(1829〜1904)である。柏戸は前頭筆頭が最高位、引退後柏戸宗五郎改め七代目伊七代伊勢ノ海・六代両国梶之助勢ノ海を襲名、相撲会所筆頭(ふでかしら:現相撲協会理事長)として明治初年の相撲界に君臨する。また同郷の弟子両国を育てる。両国は嘉永2年上京し、関脇が最高位。慶応2年江戸で河井継之助と面会、長岡藩お抱え力士となる。小国民俗資料館には、この二人のコーナーを設けてある。小国文化フォーラムでは平成17年相撲シンポジウムを開いた。また平成21年、二人の力士の顕彰活動を熱心に推進していた法坂の若井一正遺作展を開催した。平成23年には合併市町村住民組織活性化事業補助金100万円をいただき、小国の名力士を顕彰する会(現在会員95名)を結成し、2回の講演会 と2か所の案内板、「小国の名力士資料集」A4版132頁300部を出版した。ここに小国の誇る二人の力士の業績を顕彰するために、今年秋、この力士の顕彰碑を地元に建立することにした。皆さんの募金協力を切に願いたい。

  • ● 一口 2,000円(幾口でも可)
  • ● 募金期間 平成24年4月1日〜9月30日
  • ● 1万円以上寄付者には「小国名力士資料集」進呈し、名前を記録に残します。
募金方法 小国地域外の方:郵便局の振込用紙をご利用ください。
小国地域の方:小国町内郵便局にお声かけしてください。
募金振込先 郵便振替口座番号 00560-6-70782
加入者名 小国の名力士を顕彰する会
募金額 300万円
除幕式 平成24年11月4日(日)
連絡先 949‐5332 長岡市小国町上岩田524−1 高橋実方
    名力士を顕彰する会  0258-95-2340 Fax 0258-95-5034
 

名力士プロフィール

七代伊勢ノ海五太夫(六代柏戸宗五郎改)

 文化7年(1810)現長岡市小国町上岩田の渡辺家に生まれる。小千谷の縮問屋西脇家に奉公し、住吉神社奉納相撲で強豪振りが認められる。江戸大相撲入りを決意し、六代目伊勢ノ海部屋へ入門。天保13年(1842)前頭四枚目に入幕。翌年柏戸宗五郎と名乗る。南部藩お抱えとなる。弘化2年(1845)前頭筆頭を最高位に引退する。後、七代目伊勢ノ海五太夫を襲名する。幕末から明治にかけて玉垣と共に相撲会所筆頭(ふでかしら:今の相撲協会理事長)としてを仕切る。明治の初め、危機に瀕した相撲界の復興に尽力する。ふるさと小国への愛郷心が強く、神社に石燈籠を寄付し、同郷の弟子両国を育てる。明治18年(1885)協会を離れる。明治19年3月2日死亡、77歳。


六代両国梶之助

 天保元年(1830)、現長岡市小国町小栗山の岩野家の農家に生まれる。14歳のとき栃木の醤油醸造元に奉公する。嘉永2年(1849)、従兄弟を頼って上京し、勝海舟の世話で佐久間象山塾に下男と塾生を兼ねて入門し、力士の道を志す。嘉永3年(1850)、初土俵。安政7年(1860)、十両となり、六代目両国梶之助を襲名する。慶応2年(1866)河井継之助に面会し、長岡藩のお抱え力士となる。後土佐藩お抱え力士となる。幕末に外人レスラーと対決し破る。太郎丸真福寺の仁王像に勝利の願掛けする。生家に50円を出して家を新築する。明治6年(1873)関脇在位のまま引退。引退後は年寄伊勢ヶ浜勘太夫として弟子の育成にあたる。明治38年(1905)1月28日死亡、75歳。

 
■相撲の本等のご紹介