本文へスキップ

小正月行事 | 悠久録(長岡新聞コラム)

悠久録column

小正月行事

 新しい年が明けて1月14日から16日まで小正月、旧正月と呼び、大晦日や元旦行事より、もっと多彩な行事が続く。
 天井に餅花飾り、14日の鳥追い、塞ノ神、モグラうち、鍬初め、15日のどんど焼き、成り木責め・藪入りなど多彩な行事が続く。成り木責めなど二人が柿の木のそばに並び、一人が鉈を持ち、「なるかならんか、ならんと叩き切るぞ」と唱えると、もう一人が「なります、なります」と柿に代わって答える。
 餅花はミズキの枝に梅の花に切った餅や煎餅などを飾る。繭玉飾りとも呼び、俳句の季語にもなっている。いろりの灰の上に大豆柄をさす庭田植えという行事もある。
 冬の盛りにどうして鳥追いするのか、外は雪が積もっている時期にどうして田植えや鍬を使う真似をするのかという質問を受けることがある。
 こうした行事を予祝行事と呼ぶ。主として小正月に、年間の農作業のしぐさを真似、枝に稲穂の代わりに餅などをつけたり、害獣を追うしぐさをしたりして、その1年間の豊穣を祝い、願う行事の事を言う。
 ではなぜこうした行事が元日ではなく1月15日前後に集中するのであろう。
 そういえばお盆の8月も15日前後に行事が行われる。お墓参りも盆踊りも15日前後である。4月の春祭りも15日前後が多い。
 民俗学者の柳田国男は旧暦15日がその月初めにあたっていたといっている。旧暦の15日は満月である。「仲秋の名月」という言葉も残る。古い暦の時代満月がその月の初めにあたっていた。暦が太陽暦となり、こうした行事も忘れ去られてしまった。(ひこぜん)


※「悠久録」は長岡新聞の一面コラムです。

 > 小正月行事 >