本文へスキップ

節分 | 悠久録(長岡新聞コラム)

悠久録column

節分

 2月3日は節分の豆まき行事が行われる。この日「鬼は外、福は内」と唱えながら豆をまく。その豆もこのごろはピーナッツをまくように変化してきたが。三条市の本成寺では「鬼踊り」という行事がある。
 その翌日が立春である。古い暦では節分がその年の大みそかで翌日が新しい年の改まる日という考えがあったようだ。
 節分のルーツは宮中で行われる追儺(ついな)である。大みそかの夜に行われる朝廷の年中行事の一 。鬼に扮 (ふん) した舎人 (とねり) を殿上人らが桃の葦の矢、桃の杖で追いかけて逃走させる。中国の風習が文武天皇の時代に日本に伝わったものという。
 豆まきの後に豆占いという行事があり、節分の夜に囲炉裏の灰に12粒の豆を並べ、その焼け具合で一年の各月の天候を予想する。これも節分を年の最後とする考え方から生まれた予祝行事の一つと考えられる。
 昔話の中に「だんだんのみ」という話がある。腹がいたいのでどうしたらと和尚に相談するとそれは虫のせいだ、蛙を飲めと言われる。すると虫はいなくなったが蛙が暴れる。その蛙を退治するには蛇を飲めばよいといわれ、蛇、雉、猟師、鬼と飲み込んでその鬼を吐き出すために最後には豆を飲み込むという話である。鬼はどうしても豆には勝てない。
 ところが南魚沼市で「鬼の孫」といわれる家系があり、この家では豆まきをしないという。ネットでは渡辺家が豆まきしない、鬼が渡辺綱に腕を切り落とされてしまったためという。
 鬼は嫌われ者ではなく、人と親しむ鬼もあったようだ。(ひこぜん)


※「悠久録」は長岡新聞の一面コラムです。

 > 節分 >