本文へスキップ

涅槃会 | 悠久録(長岡新聞コラム)

悠久録column

涅槃会

 涅槃会(ねはんえ)とはお釈迦様の亡くなった2月15日を指す。今は一か月遅れの3月15日にする寺が多い。この日には寺に大きな涅槃図を下げて、涅槃会の法要の後に、団子蒔きが行われる。小学校の近くにあった寺にこの団子を拾いに行った。
 寺の本堂に涅槃図と言われる掛け軸が掛けられる。中央にはお釈迦様が北向きに横たわっており、まわりには弟子たちが取り囲み、お釈迦様の死を悲しんでいる。この涅槃図をめぐって様々な言い伝えが付随してくる。死者を北枕に向けるのはお釈迦様が死んだとき北を枕にして寝ていたからともいわれている。それで普段北枕は縁起が悪いこととされる。お釈迦様の横たわる周りには、人間だけでなく、動物たちもやってきて悲しんでいる。
 天空には雲の乗った天女たちがいる。木の枝に袋の入った薬がぶら下がっている。ネズミが代表して木に登ってこの薬を受け取りにいったところが、それを猫が捕まえてしまった。それで猫はこの仲間に入れない。スズメは慌てて下を見ずに来て、お釈迦様にぶつかり、それで足が不自由になり、地面を歩くときには、足を引きずってぴょこぴょこと歩くようになった。ツバメは化粧が長引いてお釈迦様の死に目に間に合わなかった。それで虫しか食べられなくなってしまった。鳴いて血を吐くホトトギスなど様々な俗信がある。
 この時撒く団子はお釈迦様の遺骨の代わりで、これを食べると病気しないとか、拾って袋に入れ、腰につけていると山に入ってもマムシに咬まれないといわれる。(ひこぜん)


※「悠久録」は長岡新聞の一面コラムです。

 > 涅槃会 >