本文へスキップ

雪まつり | 悠久録(長岡新聞コラム)

悠久録column

雪まつり

 2月に入ると各地で雪まつりが開かれる。有名なのは札幌雪祭りと十日町雪まつりである。そのルーツは十日町雪まつりと言われている。そのころ十日町に住居していた雪崩研究家、雪エッセイスト高橋喜平さんが大きくかかわったと言われている。
 昭和22年昭和天皇が新潟県内を巡行された時、天皇陛下が「何か雪国を明るくするような話はないか」と質問されたという。それが元になって、十日町雪まつりは昭和25年2月4日に第1回が開催された。札幌雪祭りより早いということで「雪まつり発祥の地」の碑が建っている。
 第1回の雪まつりは、十日町文化協会が主催し、雪の芸術展や雪具供養の火の周りで十日町小唄を踊る雪中カーニバルやスキー駅伝大会などが主なイベント内容だった。
 長岡市内でも六大冬まつりが今年も開催される「とちお遊雪まつり」。「スノーフェスティバルin越路」。「長岡雪しか祭り」。「おぐに雪まつり・雪上エンデューロ大会」。「えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭」。「古志の火まつり」などが知られている。
 雪しか祭りの「雪しか」は、雪氷を売っていた「雪しか屋」の屋号に由来している。当時の長岡の人たちは「雪しか」と親しみを込めて呼んでいた。冷蔵庫のなかった時代だった。
 雪国の人々を苦しめ、生活を制限してきた雪を楽しもうとする逆転の発想である。「雪を友とし、雪を楽しむ」という住民の自発的な思いから生まれたこの雪まつりは、冬の厳しさも美しさも知り尽くし、雪に打ち克つ気概が生んだ。(ひこぜん)


※「悠久録」は長岡新聞の一面コラムです。

 > 雪まつり >