本文へスキップ

「万引き家族」を見る | 悠久録(長岡新聞コラム)

悠久録column

「万引き家族」を見る

 是枝裕和監督「万引き家族」が、第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得した。日本人監督の作品としては、1997年の今村昌平監督「うなぎ」以来21年ぶりという。
 のっけから店で万引きする場面が出てきて驚いた。都会の最低辺に住む家族は収入が少なく、老婆の年金や店の万引きからの収入で暮らしを立てているという映画だった。しかもそれらの家族はみな血のつながっていない間柄でそれでいて、一家をなして、共に暮らしている。
 東京の下町。高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀が暮らしていた。彼らは初枝の年金では足りない生活費を万引きで稼ぐという、社会の底辺にいるような一家である。だが、いつも笑いが絶えない日々を送っている。
 そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰り、信代が娘として育てることになる。そして、ある事件をきっかけに仲の良かった家族はバラバラになっていき、それぞれが抱える秘密や願いが明らかになっていく。
 家族とは何か。テーマは万引きや虐待、育児放棄といった現代的テーマが描かれている。樹木希林さんの演じる老婆初枝が名演技でその必死な生き方が共感を呼ぶ。
 どこでこういう発想が生まれたのか。その誕生の秘密を知りたいものだ。血はつながらなくても、家族として必死に生きる姿を描く作品が国際的に評価されたに違いない。(ひこぜん)


※「悠久録」は長岡新聞の一面コラムです。

 > 「万引き家族」を見る >