本文へスキップ

野本互尊 | 悠久録(長岡新聞コラム)

悠久録column

野本互尊

 今は廃校となった小学校の体育館の正面に「互尊」と記した大きな額が飾られていた。
 この額の互尊は、互尊文庫で知られる小国出身の野本互尊こと野本恭八郎であった。互尊の名は互尊文庫の名前で長岡市内ではよく知られているが、地元小国では知らない人が多い。そうしたなか、大勢で互尊の跡をたどるツアーがあり、参加した。
 野本互尊は横沢山口家の主、山口権三郎の弟である。明治から昭和時代前期の社会教育家で、嘉永5年10月24日生まれ。第69国立銀行取締役、新潟県会議員などをつとめる。互尊即独尊を説き、大正4年長岡に互尊文庫を創設。昭和9年には日本互尊社を設立し、全財産を寄付した。昭和11年12月4日、85歳で死去した。
 互尊の資料が収められている福住の「如是蔵博物館」で担当の種村信子さんが詳しく説明していた。種村さんの知識は一通りではなく、次々と資料を持ってこられ、立て板に水を流す如く話される、その深さに舌を巻いた。
 互尊には2つの日本的提言を上げることが出来よう。1つが11月3日、文化の日のルーツの提唱である。そのルーツは明治天皇の誕生日に連なっている。そうして2つ目が富士山の世界遺産のもとになった提言である。互尊の富士山への思い入れは一入(ひとしお)だった。
 小国の生んだ日本的人物、改めてこの人物の偉大さを確認した。(ひこぜん)


※「悠久録」は長岡新聞の一面コラムです。

 > 野本互尊 >